ホーム > 市政情報 > 組織案内 > 各行政センター > 足尾行政センター > 足尾の野生動物写真・映像展(9月1日~10月10日)

ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

足尾の野生動物写真・映像展(9月1日~10月10日)

日光市足尾庁舎にて、地域おこし協力隊事業として「足尾の野生動物写真・映像展(足尾に生きる~自然と野生動物が織りなす神秘~)」を開催いたします。足尾で30年間、ツキノワグマをはじめ野生動物の写真や映像を撮り続けている、動物カメラマンの横田博(よこたひろし)氏の写真の展示や映像の放映が行われます。

  1. 主催:足尾地域おこし協力隊(長澤美佳)
  2. 日時:平成30年9月1日(土曜日)~10月10日(水曜日)午前8時30分~午後4時

9月17日(月・祝)・23日(日・祝)・24日(月・振休)10月8日(月・祝)は休館

3.場所:日光市足尾庁舎(日光市足尾町通洞8番2号)

 

ポスター

イベント開催(9月16日)

「横田博さんの足尾に生きる野生動物のお話」と題し、「クマ仙人」と言う愛称で親しまれている動物カメラマンの横田博(よこたひろし)氏。その人情味溢れるお人柄と面白いお話が人気です。

  • 開催日:平成30年9月16日(日曜日)
  • 開催時間:午前10時00分~12時00分
  • 開催場所:日光市足尾庁舎2階会議室
  • 募集定員:100名(先着順)

お申込み・お問合せ

  • 足尾行政センター(電話番号:0288-93-3115)

9月12日までに電話でお申し込み下さい。定員になり次第、締め切りとさせていただきますので、ご了承下さい。

受付時間

  • 平日の8時30分~16時00分
  • 土曜日、日曜日、祝日は受け付けておりません。
  • 団体でのお申し込みはご遠慮下さい。

主催

  • 日光市足尾地域おこし協力隊

yokota

動物カメラマン/横田博(よこたひろし)氏プロフィール

経歴

1948年:栃木県日光市(旧今市市)に生まれる。

1973年:スキューバーダイビングのインストラクターを行うかたわら、淡水魚を中心に水中撮影を始める。

1988年:野生動物の専門誌である月刊アニマに「中禅寺湖の魚たち」を掲載後、「鳥と獣と魚」をテーマに人間とのかかわり合いなどを雑誌や書籍に掲載。この時期から足尾での撮影を始める。

1997年:足尾にある廃屋に自動撮影カメラを仕掛け、廃屋に訪れる野生動物を撮影した「廃屋と野生動物」が、動物写真家の中でも最も権威あ

る賞と言われる“アニマ賞”を受賞する。

(現在):足尾の山で様々な生き物を取材している。その他、数々のテレビ番組に出演。

お問い合わせ

所属:地域振興部足尾行政センター地域振興・防災係

電話番号:0288-93-3115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?