ここから本文です。

更新日:2012年3月31日

世界遺産の目的としくみ

*このページ内でリンク設定されている用語については用語解説をご参照ください。

世界遺産の目的

世界遺産条約は、主な仕事として次のような遺産の保護を目的として締結されました。

  1. 「世界遺産リスト」と「危機に瀕している世界遺産リスト」を作成し保護する。
  2. リストに登録された遺産の保全状態をモニターする。
  3. 世界遺産基金(締約国からのユネスコ分担金の1%を財源とした基金)により、危機に瀕した世界遺産などの保護を行う

登録のしくみ

登録手順

世界遺産リストに登録される為の手順は下記のとおりです。

推薦

締約国の政府が、自国の世界遺産候補地を世界遺産委員会に推薦する。
(毎年6月末が期限)

調査

世界遺産委員会は、提出された推薦書に基づき、世界遺産として顕著で普遍的な価値があるかどうかについて、専門機関に調査(評価)を委託します。文化遺産ICOMOS(国際記念物遺跡会議)とICCROM(文化財の保存及び修復の研究のための国際センター)に委託し、自然遺産はIUCN(国際自然保護連合)に委託します。

審査

毎年1回開催される世界遺産委員会(推薦された翌年の12月上旬)で、候補地を審査し世界遺産リストへの登録の可否を決定します。

  用語解説

〔世界遺産委員会〕

世界遺産条約の中で設置することが定められていて、締約国から選ばれた21か国によって構成されている。「世界遺産リスト」と「危機にさらされている世界遺産リスト」の作成、登録遺産のモニターや保護の支援、世界遺産基金を用いての援助や専門家の訓練・育成を推進する。また、条約を円滑に運用するための作業指針をまとめ、その中で「世界遺産リスト」や、「危機にさらされている世界遺産リスト」の登録基準や世界遺産基金などについて細かく定めている。

〔文化遺産〕

普遍的な価値を有している記念工作物、建造物、遺跡。

〔自然遺産〕

鑑賞上、学術上、保存上顕著な普遍的価値を有している地形や生物、景観などを含む地域。

〔世界遺産リスト〕
(世界遺産一覧表)

世界遺産委員会で登録基準を満たしていると認められた文化遺産、自然遺産、複合遺産(文化遺産と自然遺産の両方に登録されているもの)が登録されるリスト。

〔国際記念物遺跡会議〕
(ICOMOS)

文化財の保存活動を推進している国際機関。推薦された文化遺産の調査、評価の面で、世界遺産委員会に協力する。

登録基準

条約では、顕著で普遍的価値を有するか否かの判断を行うため、次のような基準を設けています。

自然遺産の登録基準

  • 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには、生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、あるいは、重要な地形的、または、自然地理的特性などが含まれる
  • ii)陸上、淡水、沿岸、及び、海洋生態系と動植物群集の進化と発達において、進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの
  • もっともすばらしい自然的現象、または、ひときわすぐれた自然美をもつ地域、及び、美的な重要性を含むもの
  • 生物的多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには、科学上、または、保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種が存在するものを含む

文化遺産の登録基準

  • 人類の創造的天才の傑作を表現するもの
  • ある期間を通じて、又はある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、町並み計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの
  • 現存する、又は消滅した文化的伝統又は文明の、唯一の又は少なくとも希な証拠となるもの
  • 人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建造物群、技術の集積又は景観の顕著な例
  • 特に、回復困難な変化の影響下で損傷されやすい状態の場合における、ある文化(又は複数の文化)を代表する伝統的集落又は土地利用の顕著な例
  • 顕著な普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰又は芸術的、文学的作品と、直接には明白に関連するもの(委員会は、この基準により一覧表への記載が認められるのは、極めて例外的な場合であり、かつ、他の文化遺産又は自然遺産の基準と関連している場合に限られるべきであると考える。)  

お問い合わせ

所属:教育委員会事務局文化財課文化財保護係

電話番号:0288-25-3200

ファックス番号:0288-25-7334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?