ここから本文です。

更新日:2018年5月31日

施政方針

市政経営の基本方針

私は、「継承」と「改革」、良いことをしっかりと「継承」していく、その上で、常に最善を目指し「改革」を行っていく、このことを意識して、市政経営に取り組んでまいります。

さて、日光市の現状を見ますと、平成27年度の国勢調査の結果におきましては、5年前と比較して、総人口が7.4パーセント減少しています。これは、出生数の減少による自然減に加え、転出者が転入者を上回る転出超過の状況も大きな要因となっています。また、65歳以上の高齢者人口が増加する一方、15歳から64歳までの生産年齢人口と15歳未満の年少人口が減少しており、少子高齢化の状況が深刻であることが伺えます。

少子高齢化を伴う人口減少は、地域経済の規模縮小を招き、それが更なる人口流出を生み出し、近い将来、雇用の場の確保や生活基盤の維持が困難になることが危惧されます。また、高齢化の進行による社会保障費の負担が増加する一方で、市税収入の減少や、市町村合併に伴う財政支援措置の縮小等により、財政の余裕度を示す経常収支比率が悪化しております。

このように、日光市の現状は既に「待ったなし」の状況にあるとも言えます。これらの状況を打破していくために、「継承」と「改革」の理念のもと、これまでの会社経営や市議会議員の経験を活かしながら、将来を見据えた市政経営に取り組んでまいります。

そして、全ての市民が生き生きと輝いて暮らすことができるよう、市民の皆さんとの対話を重ねながら、「強く、優しい、人が輝く日光」を創るため、全力を尽くしてまいります。

重要政策の3つの柱

(1)強い日光を創る

人口減少社会の到来により収入が減少していくことが見込まれる中、今こそ、10年、20年先の未来を見据えた確かな経営戦略により、地に足をつけた市政経営に取り組んでいかなくてはなりません。そして、無駄のない確固たる財政基盤を築き、市民の皆さんが安全・安心に暮らすことができる「強い日光」を創ります。

このために、民間の経営感覚を取り入れて行財政改革を進めるとともに、新たな収入を生み出すなど各種施策の財源の確保に努めます。また、地域経済の活性化に向け、産業間の連携強化等、産業振興や雇用対策の拡充を図るとともに、防災・防犯体制を強化し、次世代につなぐ持続可能なまちづくりを目指します。

(2)優しい日光を創る

少子高齢化の進行が見られる中で、市民一人ひとりが住み慣れた地域において豊かで充実した暮らしを送っていくために、地域が生きがいと安心に満ちた「優しい日光」を創ります。

このために、安心して子どもを産み育てることができる子育て支援、学校教育の充実等により、将来を担う子どもたちへの確かな支援を行います。また、高齢者に優しい地域公共交通体系の充実をはじめ、高齢者や障がいのある方の自立を支援してまいります。さらに、健康づくりの推進、地域医療体制の確保、環境対策の充実を図り、真に必要な市民サービスを見極めながら、快適で住みよく、また健やかで人に優しいまちづくりを目指します。

(3)人が輝く日光を創る

日光に息づく「伝統・文化・歴史」は、県内外はもとより、国外からも高い評価を受けています。自らが住んでいるまちに、私たち大人が「誇り」と「自信」を持ち、その意識が子どもたちにつながり、「日光で生きていく」、「将来は日光に住む」という愛着心が育まれるものと考えます。次世代を担う子どもたちや若者たち、ベテラン市民である高齢者、そして、様々な分野で活躍しその能力を発揮する女性、これら全ての市民の皆さんがこうした「日光プライド」を持つことができる、「人が輝く日光」を創ります。

このために、学校環境の整備や、高齢者の生きがいづくりの推進、まちづくり活動の担い手の育成強化、更には女性が働きやすい職場環境の整備促進など、「人が輝く」施策に取り組んでまいります。また、シティプロモーションの強化や定住促進、生涯学習の充実、協働のまちづくりなど、人がつながり「地域が輝く」施策に取り組み、市民一人ひとりが輝き、笑顔あふれるまちづくりを目指します。

結びに

私は、これからの数年が今後の日光市の行く末を決める大事な時期になると考えています。

このため、これからの4年間、全ての市民が生き生きと輝いて暮らすことができるよう、市民の皆さんと積極的に対話を重ね、ともに日光市の未来を切り開くための市政を進めてまいります。

日光市には、先人たちが築いた「伝統・文化・歴史」があります。ここから生まれる「誇り・自信」、この「日光プライド」を次世代につなぎ、「強く、優しい、人が輝く日光」を創るため、全力を尽くして、市政経営に取り組んでまいります。

市民の皆さまのご理解とご協力をいただきますよう、心からお願い申し上げます。

 

お問い合わせ

所属:総合政策部秘書広報課秘書係

電話番号:0288-21-5133

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?