ここから本文です。

更新日:2019年5月8日

女性サポートセンター

女性サポートセンターとは

女性サポートセンターは、女性労働者の福祉の増進と地位の向上を図るための施設であり、女性労働者は無料で使用できます。
また、男性も利用する事ができますが、この場合は使用料が必要になります。

そのほか、女性サポートセンター主催の市民向け講座も開催していますので、ぜひご参加ください。

令和元年度の主催講座のご案内

指定がない場合、会場はすべて女性サポートセンター又は併設する清滝体育館で実施します。

申し込みの際は、下記お問い合わせ先(女性サポートセンター)に電話又はFAXでお申込みください。

講座・教室名 内容 開催日(期間) 開催時間 参加費 対象者・定員 講師 申込期限 備考
骨盤調整&シェイプアップ教室 骨盤を整えて楽しく動き、引き締まった身体へと導きます。

5月17日・31日・6月14日・9月13日・27日

(計5回、すべて木曜日)

午前10時30分~12時

無料 市内在住又は勤務する方15名(注1)

八木澤菜穂子先生

4月17日(水曜日) 託児あり(注2)
シニアのいきいき健康体操教室(健康維持編) 主に椅子を使った介護予防、転倒予防体操教室

5月15日・29日・6月26日・7月10日・24日・8月28日・9月11日・25日・10月9日・23日

(計10回・すべて水曜日)

午前9時45分~10時45分 無料 市内在住又は勤務する方30名(注1) 渡辺ひとみ先生 4月16日(火曜日)
  • 託児あり(注2)
  • 9月25日は野外教室予定
シニアのはつらつ健康体操教室(体力アップ編) 活動的な体操を中心とした、筋力・体力アップの教室

シニアのいきいき健康体操教室(健康維持編)と同日に開催

午前11時~正午 無料 市内在住又は勤務する方30名(注1) 渡辺ひとみ先生 4月16日(火曜日) 託児あり(注2)
西洋料理教室 シェフによる指導を受けながら、西洋料理を作ります。

6月11日・18日・25日・7月2日・9日

(計5回、すべて火曜日)

午後6時30分~8時30分

1回につき1,500円(材料費) 市内在住又は勤務する方20名程度(注1)

内閣府認定公益社団法人

全日本司厨士協会関東総合本部栃木県本部シェフ

5月14日(火曜日) 託児あり(注2)

(注1)申込多数の場合は抽選となります。

(注2)講座の際、お子さんを無料で預かります。予約が必要となりますので、事前にお問い合わせください。

利用案内

施設の概要について

名称 日光市女性サポートセンター
電話番号 0288-53-1010
所在地 日光市清滝桜ケ丘町210番地7
開館時間 午前9時から午後9時まで
休館日

月曜日、祝日

12月29日から翌年1月3日まで

画像:女性サポートセンター外観

施設使用料について

区分(定員)\時間
午前(9時~12時)
午後(1時~5時)
夜間(5時~9時)
調理実習室(25人)
510円 510円

720円

講習室(和室)(35人)
300円 300円 410円
第1会議室(30人)
300円 300円 510円
第2会議室(30人)
300円 300円 510円
軽運動室

1人につき1時間30円

備考

  1. 市民以外の者が使用する場合の使用料(以下「特定使用料」という。)は規定使用料の100分の100を加算した額とする。
  2. 物品の販売を目的として使用する場合の使用料は、規定使用料又は特定使用料の100分の100を加算した額とする。1人につき1時間30円

平成26年4月1日から施設使用料を改定しました。

器具使用料について

品名 単位 使用料(円)
調理器具
1式

200円

茶道器具
1式

510円

備考

  1. 使用時間は、午前(午前9時から正午まで)、午後(午後1時から午後5時まで)、夜間(午後5時から午後9時まで)を各1回とし、使用時間を超過した場合は、超過時間1時間につき、規定使用料の100分の30を加算した額とする。

平成26年4月1日から器具使用料を改定しました。

お問い合わせ

所属:健康福祉部人権・男女共同参画課

電話番号:0288-53-1010(女性サポートセンター)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?