ホーム > くらし・手続き > 環境保全 > 自然との共生 > 日光水のある風景百選 > 日光水のある風景百選~川・橋・渓谷(1)~

ここから本文です。

更新日:2013年4月23日

日光水のある風景百選~川・橋・渓谷(1)~

青木橋〔日光〕

画像:青木橋

湯川の中ほどにかかる青木橋。魚が泳ぐ清流は、人々の目をひきつけます。(地図p10-B/No29)

湯川(竜頭(りゅうず)の橋奥より)〔日光〕

画像:竜頭の橋奥

湯滝を水源に、戦場ヶ原を迂回して、最後は地獄川と名を変えて中禅寺湖に注ぎます。川沿いはハイキングコースです。一部ラムサール条約登録地内です。(地図p10-B/No30)

雲竜渓谷(うんりゅうけいこく)〔日光〕

画像:雲竜渓谷

冬季は渓谷から流れる水が凍結し、氷壁を作ります。冬山の救助訓練場として知られます。(地図p11-B/No41)

田母沢川(たもざわがわ)源流〔日光〕

画像:田母沢川

寂光滝から川沿いに奥へ進むと、苔むした田母沢川源流域が広がっています。(地図p11-B/No42)

 

荒沢川〔日光〕

画像:荒沢川

裏見滝手前の駐車場から川に下りることができます。川音だけが響き、自然を存分に楽しめます。(地図p11-B/No44)

神橋(しんきょう)(日光二荒山(ふたらさん)神社)〔日光〕

画像:神橋

世界遺産「日光の社寺」の玄関口に位置する神橋。大谷川の清流と赤い橋とのコントラストが美しい。(地図p11-B/No50)

憾満が淵(かんまんがふち)〔日光〕

画像:憾満が淵

名勝「化け地蔵」の先、溶岩によってできた渓谷です。エメラルドグリーンの清流は目の覚めるような美しさです。(地図p11-B/No53)

船が沢〔日光〕

画像:船が沢

鳴虫山登山口を流れる小さな沢です。上流部では沢蟹が生息するなど、自然豊かな環境です。(地図p11-B/No56)

 

六方沢橋(ろっぽうさわばし)〔今市〕

画像:六方沢橋

六方沢にかかる高さ約130mの大橋。橋からは、栗山ダムや今市地域の風景、筑波山なども望めます。(地図p11-B/No57)

砥川渓谷(とがわけいこく)〔今市〕

画像:砥川渓谷

今市ダムを水源とする砥川渓谷沿いには、多くの自然が残されています。(地図p13-A/No83)

 

小百川(こびゃくがわ)〔今市〕

画像:小百川

春は桜の名所となる小百川公園。そこから眺める小百川です。(地図p11-B・p13-A/No84)

床滑(とこなめ)〔今市〕

画像:床滑

滑らかな一枚岩の川床が数kmに渡って続き、天然のウオータースライダーとして親しまれています。(地図p13-A/No85)

籠岩(かごいわ)〔今市〕

画像:籠岩

巨岩が籠を並べたような様子からその名がついたといわれます。自然がつくりだした奇景です。(地図p13-A/No86)

鬼怒川のやな〔今市〕

画像:鬼怒川のやな

鬼怒川で江戸時代から盛んに行われていた伝統的な漁法です。現在は、夏場に設けられます。(地図p13-A/No87)

大谷川(だいやがわ)(大谷橋より)〔今市〕

画像:大谷川

大谷川に架かる大谷橋からは、川の向こうにそびえる日光連山の雄大な姿を見ることができます。(地図p13-B/No94)

鬼怒川下流(小林橋より)〔今市〕

画像:鬼怒川下流

市内下流域では、鬼怒川もゆったりとした流れになります。日光連山を背景にした風景。(地図p9/No99)

百選トップページ//湖沼・湧水/川・橋・湖沼(2)/暮らし・歴史

お問い合わせ

所属:市民環境部環境課環境係

電話番号:0288-21-5152

ファクス番号:0288-21-5128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?