ホーム > くらし・手続き > 環境保全 > 自然との共生 > 特定外来生物「ヒアリ」について

ここから本文です。

更新日:2017年8月19日

特定外来生物「ヒアリ」について

ヒアリとは

南米が原産地の毒をもった赤いアリで、国内の数か所の港湾等で発見されました。

 

【特徴】

 

体長:2.5ミリメートルから6ミリメートル(いろいろな大きさのアリが混ざっているのも特徴です。)

色:つやつやした赤い色(腹部は暗い赤色)

生息域:亜熱帯から温帯。草地など比較的開けた環境を好見ます。

巣:土で直径25~60cm、高さ15~50cmのドーム状のアリ塚を作ります。

エサ:雑食性で、節足動物や小型脊椎動物、樹液、花蜜などを餌とします。

hiari画像:環境省ホームページより

日光市におけるヒアリの侵入状況

日光市では、まだ確認されていません。

ヒアリに刺されると?

腹部先端に毒針があります。(見えないこともあります。)

刺されると、火傷(やけど)をしたような強い痛みがあります。蕁麻疹(じんましん)や体調不良など全身的な症状が出て、アナフィラキシー症状など重篤な状態に陥ることもあります。

異常を感じたら、すぐに医療機関で受診し、アリに刺されたと医師に伝えてください。

ヒアリを見つけたら?

アリ塚を刺激したり、素手で触ってはいけません。攻撃性が強いため、集団で襲ってきます。

駆除をするにあたり、ヒアリかどうか専門機関で同定する必要があります。市又は県の担当課までご連絡ください。

栃木県県西環境森林事務所

日光市瀬川51-9

電話番号0288-21-1178


お問い合わせ

所属:市民環境部環境課環境係

電話番号:0288-21-5152

ファクス番号:0288-21-5128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?