ホーム > くらし・手続き > 環境保全 > 自然との共生 > 外来生物「ナガミヒナゲシ」について

ここから本文です。

更新日:2018年3月6日

外来生物「ナガミヒナゲシ」について

ナガミヒナゲシとは

外来の植物ですが、生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害等に係る特定外来生物の指定はされておらず、規制の対象にはなっていません。

しかし、一個体に100個程度の果実をつけ、一つの果実には1,600粒程度の種子が入っており、また、アレロパシー効果(他の植物の生育を阻害する成分を出す)を持つため、爆発的に広がる恐れが指摘されています。

【特徴】

高さ:30~50センチメートル程度

開花時期:5月~6月

色:紅色、若しくはオレンジ色

生育場所:日当たりが良いところを好みます。荒れ地や道路と側溝の隙間にも生えています。

原産地:地中海沿岸

画像:

nagamihinageshi01(ナガミヒナゲシ)

kajitsu(果実)

nagamihinagesi02(大量の果実をつけている様子)

 

日光市内におけるナガミヒナゲシの状況

梅雨の時期に種子がこぼれることにより、人の足や車のタイヤに付着して生息範囲を広げているようです。日光市内でも主に道路脇に生えているのを見かけます。

ナガミヒナゲシを見つけたら?

観賞用に栽培することは制限されていません。

しかし、在来植物の保全を必要としている地域若しくは増えると困る場所では、駆除する必要があります。

 

 


お問い合わせ

所属:産業環境部環境課環境政策室

電話番号:0288-21-5152

ファクス番号:0288-21-5128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?