ホーム > 防災・安全 > 防災 > ブロック塀等の安全対策について

ここから本文です。

更新日:2018年6月25日

ブロック塀等の安全対策について

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震において、倒壊したブロック塀・石塀(以下、「ブロック塀等」という。)の下敷きとなった歩行者が死亡する痛ましい事故が発生しました。

ブロック塀等の倒壊は、人命を危険にさらすだけでなく、道路の閉塞により避難や救助活動の妨げになることから、その倒壊を未然に防止するための安全対策を実施することが重要です。

つきましては、今回の事故の重大性に鑑み、ブロック塀等の安全を再度ご確認いただくとともに、安全対策にご留意されますようお願いいたします。

ブロック塀等における建築基準法の基準について

建築基準法では、ブロック塀等が倒壊しないための最低限の基準を定めています。ブロック塀等の改修及び新設をする場合は基準を守っていただくようお願いします。また、既存のブロック塀等についても、基準に従い設置されていない場合や劣化の具合によっては倒壊の恐れがありますので、建築士等専門の知識を有する方に相談されることをおすすめします。

ブロック塀等における建築基準法の基準は以下のとおりです。

ブロック塀の場合(建築基準法施行令第62条の8)

  • 塀の高さ…2.2メートル以下
  • 壁の厚さ…15センチメートル以上(高さが2メートル以下の場合は10センチメートル以上)
  • 壁頂及び基礎の横筋の鉄筋径…9ミリメートル以上
  • 壁の端部及び隅角部の縦筋の鉄筋径…9ミリメートル以上
  • 縦筋及び横筋の間隔…80センチメートル以下
  • 控壁の幅…控壁の基礎部分で、塀の高さの5分の1倍以上
  • 控壁の間隔…3.4メートル以内
  • 基礎の根入れ(基礎の地中に埋め込まれている部分)の深さ…30センチメートル以上
  • 基礎の丈…35センチメートル以上

石塀の場合(建築基準法施行令第61条)

  • 塀の高さ…1.2メートル以下
  • 壁の厚さ…塀の高さの10分の1倍以上
  • 控壁の幅…壁の厚さの1.5倍以上
  • 控壁の間隔…4メートル以内
  • 基礎の根入れ(基礎の地中に埋め込まれている部分)の深さ…20センチメートル以上

ただし、国土交通大臣が定めた構造方法により補強され、かつ、国土交通大臣が定める構造計算により構造耐力上安全であることが確かめられた場合についてはこの限りではありません。

ブロック塀の点検のチェックポイント

ブロック塀について、以下の項目を点検し、ひとつでも不適合があれば危険なので改善しましょう。まず外観で次の1から5をチェックし、ひとつでも不適合がある場合やわからないことがあれば専門家に相談しましょう。

(国土交通省のホームページhttp://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/index.html(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)「ブロック塀の点検のチェックポイント」より抜粋)

1.塀は高すぎないか。

2.塀の厚さは十分か。

3.控え壁はあるか。(塀の高さが1.2メートル超の場合)

4.基礎があるか。

5.塀は健全か。

6.塀に鉄筋は入っているか。(専門家に相談しましょう)

ご参考として、栃木県のホームページに掲載されているブロック塀等の安全対策を掲載いたします。

栃木県ホームページURL(http://www.pref.tochigi.lg.jp/h10/blockhei.html(外部サイトへリンク))(別ウインドウで開きます)

 

お問い合わせ

所属:建設部建築住宅課建築指導係

電話番号:0288-21-5197

ファクス番号:0288-21-5176

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?