ホーム > くらし・手続き > 住まい > 日光市転入者住宅取得補助制度

ここから本文です。

更新日:2016年7月7日

日光市転入者住宅取得補助制度

転入者住宅取得補助金

人口の増加と定住の促進を図るため、市外から転入して市内に住宅を新築または購入(中古住宅を含む)した場合、住宅取得に係る費用の一部を補助します。

平成28年度より要件が一部変わりました。

補助対象者(次の事項が全て該当する方)

  1. 平成26年4月1日から平成32年3月31日の間に転入した方で、転入した日から起算して、過去2年間以上日光市以外の市区町村に住所を有していた方。
  2. 転入日現在において、年齢が45歳以下の方。
  3. 自ら居住の用に供するため住宅を取得し、平成26年4月1日から平成32年3月31日の間に当該住宅に住み始め、かつその住宅に5年以上定住することを誓約できる方。
  4. 市区町村税等を滞納していない方。
  5. 所有権の持分が2分の1以上の方。
  6. 交付申請できるのは、転入した日から1年以内です。

補助金額

  1. 基本補助金額30万円
  2. 加算補助金額

ア)市内事業者(要件有)の施工及び市内業者の施工した新築の建売住宅を購入した場合・・20万円

イ)市内に居住する親(65歳以上)の孤立防止を図る場合・・・10万円

ただし、補助金の基本額と加算額を合計した額が、住宅の取得に要した経費を超える場合は、住宅取得に要した経費を交付の限度額とします。

申請に必要な書類

  1. 補助金交付申請書
  2. 市内定住誓約書
  3. 住民票(世帯全員)
  4. 住民票等の除票(市外から転入の場合)※過去2年間日光市に住所がないことを確認できるもの。)
  5. 住宅の工事請負契約書または売買契約書の写し
  6. 住宅の登記事項証明書
  7. 納税証明書または完納証明書(高校生を除く17歳以上全員分)
  8. 住宅の位置図及び平面図
  9. 住宅の現況写真(2面以上)
  10. 建築基準法に規定する検査済み証の写し
  11. 高齢者との続柄が確認できる書類(高齢者の加算に該当する場合)

制度概要チラシ(PDF:120KB)(別ウインドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:建設部建築住宅課住宅管理係

電話番号:0288-21-5164

ファクス番号:0288-21-5176

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?