ホーム > ウッキー先生の日光まる秘塾(キッズページ) > 日光市の歴史・文化は世界的に有名だよね!?

ウッキー先生の日光まる秘塾

  • 日光市ってどんなところ?
  • 日光市の地名
  • 日光市の歴史・ 文化
  • 日光市のシンボル
  • 日光市の楽しい 行きたくなる場所
  • 市長や市の職員の仕事

日光市の歴史・文化は世界的に有名だよね!?

ここから本文です。

 

日光市には、世界遺産(せかいいさん)「日光の社寺(しゃじ)」やラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)登録湿地の「奥日光の湿原」、世界一長い並木道としてギネスブックに掲載された「日光杉並木街道」があるんだよ。

 
 
 
 

どうすごいの?

 
 
 
 

日光の社寺は、その建物の多くは当時の日本を代表する天才芸術家が作った傑作(けっさく)なんだ。周辺の自然と合わせて歴史的にも文化的にも価値があり、神聖(しんせい)な場所であるというところが世界遺産に登録されたポイントなんだよ。

 
 
 
 

「奥日光の湿原」は、湯ノ湖(ゆのこ)、湯川(ゆかわ)、戦場ヶ原(せんじょうがはら)、小田代原(おだしろがはら)のうち、約260.ヘクタールが登録されているよ。本州最大級の湿原として、ワタスゲやホザキシモツケなどの貴重な湿原性の植物がみられるよ。

 
 
 
 

「日光の杉並木」は、総延長約35キロメートル。日光街道、例幣使街道、会津西街道の3つの街道の両側に約1万3,000本の杉が続く並木道なんだ。徳川家康の家臣が家康の眠る東照宮に寄進するために植えたもので、日本で唯一、世界一長い並木道としてギネスに登録されているよ。また、特別史跡と特別天然記念物の二重指定を受けている貴重な文化遺産なんだ。

 
 
 
 

もっと詳しく知りたいときは

 
 
 
 

ウッキー先生の日光まる秘塾 トップへ戻る

クイズにチャレンジ 君もこども日光博士になろう!!