ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援 > 放課後子ども教室推進事業

ここから本文です。

更新日:2017年9月13日

放課後子ども教室推進事業

放課後子ども教室とは

「放課後子ども教室」とは、小学校の余裕教室等を活用して、地域の多様な方々の参画を得て、子どもたちとともに行う学習やスポーツ・文化活動等の取組のことで、日光市では市内3か所で実施しています。

市では、「放課後の時間にさまざまな分野の学習・体験の機会を提供し、子どもの健全な育成を図ること」や「地域の方々の参画を得て、子どもたちの勉強やスポーツ・文化・交流活動等への取り組みを推進し、地域ぐるみで子どもを育てる環境づくりを推進すること」を目的に、この「放課後子ども教室」活動を支援しています。

活動紹介

市内3か所(大沢地区・三依地区・湯西川地区)の放課後子ども教室は、それぞれ地域の方々による実行委員会が中心となり運営されています。ここでは活動の一部をご紹介します。

大沢地区放課後子ども教室

大沢地区センターを拠点として、週2回(月曜日と水曜日)、野外活動や伝統文化活動、調理体験やニュースポーツ体験、季節のイベント等を行っています。

おちゃかいお茶会(伝統文化活動)りょうり調理体験

すいかわりすいか割り(季節のイベント)すぽーつユニカール(ニュースポーツ体験)

三依地区放課後子ども教室

三依小学校において、週1回(水曜日)、スポーツ活動や昔遊び等を行っています。三依地区の地域おこし協力隊の方とも交流があります。

あやとり活動あやとり(昔遊び)

羽子板活動羽子板(スポーツ・昔遊び)

湯西川地区放課後子ども教室

湯西川小学校を拠点として、週2~3回、読み聞かせや書道、調理体験やスポーツ活動、創作活動等を行っています。

読み聞かせ活動読み聞かせスポーツ活動スポーツ活動

民話を語る活動語りべ(民話を語る活動)

「放課後子ども教室」ボランティアの募集

「放課後子ども教室」活動は、地域の方々の協力を得て成り立っています。それぞれの実行委員会は、地域のボランティアや学校関係者、公民館職員等で構成されており、実際の活動時はボランティアの方々が中心となって様々な体験活動を実施しています。

「放課後子ども教室」ボランティアを希望する方、地域の子どもを育む活動に参加してみたい方は、実際の活動の見学や事業の詳細をご案内しますので、下記担当課までご連絡ください。

お問い合わせ

所属:健康福祉部子育て支援課子育て環境係

電話番号:0288-21-5186

ファクス番号:0288-21-5105

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?