ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 奨学生(奨学金貸付)募集

ここから本文です。

更新日:2017年10月2日

奨学生(奨学金貸付)募集

平成30年4月に高校・大学等に入学予定または在学中の方への貸付です

募集期間:平成29年10月2日から随時

※奨学金の種類や貸付の希望時期により、受付期間が異なります。

詳しくは、下記「募集要項」及び「制度の概要」をご覧ください。

制度の概要

応募資格

  • 保護者が市内に居住していること
  • 学校教育法に規定する大学、短期大学、専門学校、高等学校、高等専門学校等に在学しているか、入学予定であること
  • 学業成績が優秀で、健康であること
  • 経済的理由により修学が困難であること
  • 確実な連帯保証人を付すこと
  • 保護者、連帯保証人に市税の滞納がないこと

他の奨学金等と併用することもできます(ただし、併用先の奨学金が併用を認めていない場合は、併用できません)。

奨学金の種類と貸与金額(無利子)

種類

区分

貸与額

修学資金

高等学校、高等専門学校生

自宅通学

月額2万円

自宅外通学

月額2万円又は3万円

大学、短期大学、専門学校生

自宅通学

月額4万円

自宅外通学

月額4万円又は5万円

入学一時金

早期貸付制度有

高等学校、高等専門学校生

10万円以内

大学、短期大学、専門学校生

30万円以内

貸付期間

在学する学校の正規の修学期間内

受付期間

平成29年10月2日から随時(平成30年5月以降も修学資金の貸付を受け付けます。ただし、貸付は、申込月からが支給の対象となります。)

※平成30年4月末日までに貸付を希望される方は、平成30年3月16日までに申請してください。

選考及び決定

  • 日光市教育委員会会議において選考し、市長が決定します。
  • 修学資金の貸付は、入学後、四半期(3ヶ月分)又は半期(6ヶ月分)から選択し、口座振込により貸付します。
  • 入学一時金の貸付は、修学資金の第1回目貸付時に併せて貸付します。
  • 推薦入学等により入学一時金が早期に必要な方には、早期貸付制度もありますので、ご相談下さい。

奨学金の返還

奨学金は、学校を卒業後、1年据え置きで、貸付期間の3倍の期間内に返還していただきます。

【ご注意ください】

  • 退学等、奨学金の貸付を受ける用件を欠いた場合には、奨学金を一括償還していただきます。
  • 奨学金の貸付が完了したときには、保護者及び連帯保証人と連署の上、「奨学金借用証書」を提出していただきます。提出されない場合、奨学金の一括償還を請求します。
  • 奨学金の返還を正当な理由無く遅延した場合、年14.6%の延滞利息や奨学金の一括償還を請求します。

提出書類

  1. 奨学金貸付申請書
  2. 卒業校又は在学校長の推薦調書(指定様式、卒業校又は在学校に依頼して作成)
  3. 合格通知書の写し又は在学証明書(在学校発行)
  4. 住民票(世帯全員、続柄記載のもの)【市民課発行】
  5. 保護者及び連帯保証人の印鑑証明書【市民課発行】
  6. 所得証明書(指定様式)【税務課発行】
  7. 市税の納付状況に関する調査の同意書(指定様式)

7の同意書について、連帯保証人が市外の方の場合、お住まいの自治体で市町村税を完納していることを証明する書類(滞納していないことがわかる書類)が必要になります。

1,2,6,7の書類については、申請書ダウンロードページをご覧下さい。

提出書類の記入例

申請方法

必要書類を揃えて、募集期間内に下記の窓口へ提出下さい。

教育総務課総務係

日光市今市本町1番地日光市役所第4庁舎3階

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:教育委員会事務局教育総務課総務係

電話番号:0288-21-5181

ファクス番号:0288-21-5185

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?