ホーム > 事業者の方へ > 産業 > 農林水産業 > 野生鳥獣害対策

ここから本文です。

更新日:2019年9月30日

野生鳥獣害対策

野生鳥獣害から農作物を守るために

近年、野生鳥獣による農作物への被害が問題となっています。

大切な作物への被害をなくすように、地域で協力して対策を実行してみましょう。

野生獣害対策を考える

日光市農作物等獣害防護対策事業費補助金

日光市では、獣害を受けている農業者の方が、防護柵の設置など、農作物への獣害対策を行う場合、その資材費に対して補助金を交付します。

パンフレット(必ずお読みください)(PDF:202KB)別ウィンドウで開きます

提出様式(別ウィンドウで開きます)

  1. 補助金を申請するとき(エクセル:46KB)
  2. 獣害対策事業に着手したとき(ワード:34KB)
  3. 獣害対策事業が完了したとき(エクセル:37KB)
  4. 補助金を請求するとき(ワード:32KB)

電気柵の安全管理について

電気柵は野生獣害対策の有効な手段として広く普及していますが、電気を使用しているという性質上、設置の仕方や使用方法を誤ると重大な事故を引き起こす危険性があります。(平成21年及び平成27年に国内で農業者が自ら設置した電気柵による感電死亡事故が発生しました。)

電気柵を利用の際は、下記の点に注意して設置、管理をしてください。

  1. 製品の取扱説明書を熟読するなど、性質や性能をよく理解したうえで設置し、劣化や故障、異常がないかこまめに点検してください。
  2. 家庭のコンセントなどの30ボルト以上の電源から電気を供給する場合は、漏電遮断器を設置してください。
  3. 周囲の人が容易に視認できる位置や間隔、見やすい文字で危険表示を行ってください。
  4. スイッチが設置されている、かつ出力電流が制限されている電源装置を使用してください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:観光経済部農林課林政係

電話番号:0288-21-5104

ファクス番号:0288-21-5575

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?