ホーム > 市政情報 > 組織案内 > 観光経済部 > 農林課 > 生産者の皆さまへ

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

生産者の皆さまへ

令和4(2022)年産用「栃木iW1号」親株購入希望者の募集について

令和3(2021)年産用の栃木県育成白いちご新品種「栃木iW1号」の親株購入者を募集します。申込状況によっては、配布本数を調整させていただく場合があります。なお、申込期限は令和2年7月31日(金曜日)必着です。

問い合わせ先:栃木県農政部生産振興課いちご野菜担当(電話番号:028-623-2328)

令和4(2022)年産用「栃木i37号」親株購入希望者の募集について

栃木県農業試験場いちご研究所が育成したいちご新品種「栃木i37号」について、緊急的に増殖した苗を有料で配布します。なお、準備できる定植苗には限りがあるため、配布対象者は最大130戸(約4a/戸)とし、栃木県が地域性や波及効果等を書面で審査し、決定します。なお、応募期限は令和2年7月3日(金曜日)必着です。

問い合わせ先:栃木県農政部生産振興課いちご野菜担当(電話番号:028-623-2328)

2020年春の栃木県農作業安全確認運動の実施について

農作業の安全確保は農業経営の基本ですが、本県では農作業による死亡事故が毎年発生し、平成21(2009)年から平成30(2018)年までの過去10年間に63名もの尊い命が失われています。

また、死亡事故原因の約3分の1が乗用型トラクターによるものであり、年齢別では約8割が65歳以上の高齢農業者です。さらに、近年は歩行型トラクター(耕うん機)による死亡事故も発生しています。

このため、田植え等の農繁期を迎えるにあたり、乗用型トラクターとともに、歩行型トラクター(耕うん機)による事故防止に重点をおき、高齢農業者の事故防止と、万一の事故に備えた労災保険の加入促進等を図るため、春の栃木県農作業安全確認運動を実施します。

 

「農作業安全対策の推進について」栃木県ホームページアドレス

http://www.pref.tochigi.lg.jp/g04/nousagyouanzen.html

問い合わせ先:栃木県経営技術課(電話番号:028-623-2322)

農業における新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドラインについて

関東農政局より、新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドラインについて、農業者向けのガイドラインチラシ(PR版)が公表されましたのでお知らせいたします。

問い合わせ先:栃木県農政部農政課農政戦略推進室(電話番号:028-623-2284)

いちご新品種「栃木i37号」現地見学会の開催について

この申し込みは終了しました。

いちご新品種「栃木i37号」のスムーズな普及・拡大に向けて、令和2年2月13日(木曜日)午後1時30分より、農業試験場いちご研究所にて現地見学会を開催します。

1.日時:令和2年2月13日(木曜日)午後1時30分から午後3時15分まで

2.場所:農業試験場いちご研究所(住所:栃木市大塚町2920)

3.申込方法:栃木県生産振興課いちご野菜担当あてメールあるいはファックスにて申込書を提出

問い合わせ先:栃木県生産振興課いちご野菜担当(メールアドレス:seisan-sinko@pref.tochigi.lg.jp

ファックス:028-623-2335)

いちご新品種「栃木i37号」令和3(2021)年度産栽培希望者の募集について

この申し込みは終了しました。

栃木県農業試験場いちご研究所が育成したいちご新品種「栃木i37号」について、迅速な普及拡大を目指すため、親株を有料で配布します。

【主な応募条件】※その他の条件については下記PDF「栽培希望者募集チラシ」をご覧ください。

1.県内のいちご生産者であり、農協出荷以外の生産者であること。(※農協出荷者を対象とした苗配布調整は別途実施しています。)

2.長距離の輸送を要しない直売や観光いちご園での摘み取りに限定すること。

 

配布対象者数:40戸程度

応募方法:栃木県生産振興課いちご野菜担当あてメールあるいはファックスにて応募用紙を提出

 

応募締切:令和2年2月20日(木曜日)

問い合わせ先:栃木県生産振興課いちご野菜担当(メールアドレス:seisan-sinko@pref.tochigi.lg.jp

ファックス:028-623-2335)

青色申告を始めましょう

農業経営の着実な発展を図るためには、農業経営上の収入や支出、資産、負債の状況を損益計算書、貸借対照表等の財務諸表に整理することにより、自らの経営を客観的に見極められるよう経営管理を行うことが大切です。

農業経営者の皆さん青色申告を始めましょう(PDF:1,643KB)(農林水産省のホームページより)

「いちご王国・栃木の日」におけるマルシェの開催および出展者の募集について

この申し込みは終了しました。

いちごの生産量が半世紀に渡って連続日本一の「いちご王国」を広くPRし、県民のいちごに対する愛着心の醸成と、県産いちごの更なる発展を図るため、「いちご王国・栃木の日」の記念イベントに併せていちごをテーマとしたマルシェを開催することとしました。つきましては、下記の通り出店者を募集します。

1.日時:令和2(2020)年1月15日(水曜日)午後3時から午後6時

2.場所:栃木県庁1階ロビー、本館玄関前

3.申し込み方法:「出店手引き」を確認のうえ、出店申込書を事務局(栃木県経済流通課)宛て提出

4.募集期間:令和元(2019)年12月16日(月曜日)まで

5.定員:ブース20団体、キッチンカー2団体

問い合わせ先:栃木県経済流通課農産物ブランド推進班(電話番号:028-623-2298)

令和元(2019)年度アグリフードビジネス支援事業公募(2次募集)について

この申し込みは終了しました。

農産物の生産(1次産業)に加え、付加価値を高める加工や製造(2次産業)、新たな販売・サービス(3次産業)による販路開拓などの取組により、農業経営を多角化し、収益力を高めるため、生産者組織等が行う6次産業化に向けた取組を支援する公募提案型の事業です。

詳しくは栃木県ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

公募期間:令和元(2019)年10月1日(火曜日)~令和元(2019)年10月31日(木曜日)

問い合わせ先:栃木県農政部経営技術課普及情報担当(電話番号:028-623-2313)

2019年秋の栃木県農作業安全確認運動の実施について

本県では農作業による死亡事故が毎年発生し、平成20年から平成29年までの過去10年間に65名もの尊い命が失われています。また、死亡事故原因の約1月3日が乗用型トラクターによるものであり、年齢別では約8割が65歳以上の高齢農業者です。

さらに、近年は歩行型トラクター(耕うん機)による死亡事故が発生しています。このため、稲刈りや秋耕し等の農繁期を迎えるにあたり、コンバインや乗用型トラクターとともに、刈払機や歩行型トラクター(耕うん機)による事故防止に重点をおき、高齢農業者の事故防止と、万一の事故に備えた労災保険の加入促進等を図るため、秋の栃木県農作業安全確認運動を実施します。

問い合わせ先:栃木県農政部経営技術課環境保全型農業担当(電話番号:028-623-2286)

ノッてる、とちぎ。オンtheTOCHIGIコンテストの募集について

この申し込みは終了しました。

県では、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2022年のいちご一会とちぎ国体と続く好機を捉えた民間ノウハウを活用した栃木発の食ブームにつながる提案型の商品開発とプロモーションに取り組んでいます。本コンテストでは、飲食店や物販店など、県内各地の多くの事業者の皆様からとちぎの食材を使った商品(料理を含む)を募集します。

<募集商品の要件>
1.地域産業資源に指定されている農林水産物(栃木県産)を使用していること
2.「わざわざ遠くから食べに来たくなる料理」または「お土産にしたくなる商品」であること

<コンテスト(4部門)>
1.お菓子・スイーツ部門/2.お食事部門/3.お土産部門/4.グループ部門

 

<応募について>

1.応募資格:栃木県内の食品関連事業者(フードバレーとちぎ推進協議会会員)※加入していない場合は、栃木県産業政策課ホームページより入会手続きをお願いします。

 

2.応募方法:「コンテスト応募用紙」を産業政策課宛て郵送又はメールで提出してください。

3.募集期間:令和元年10月10日(木曜日)まで(必着)

4.審査・選考:令和元年10月下旬、民間専門家のプロジェクトチームにより行います。

5.表彰:令和元年11月30日(土曜日)農福美味しいものマルシェで行います。

問い合わせ先:栃木県産業労働観光部産業政策課産業戦略推進室フードバレーチーム(電話番号:028-623-3203、メールアドレス:food@pref.tochigi.lg.jp

関西圏県産農産物販路開拓セミナーの開催について

この申し込みは終了しました。

県では関西圏への県産農産物の販路開拓のため、令和2(2020)年2月に大阪府内のスーパーマーケットで行う県産農産物のテスト販売を支援します。それに先立ち、テスト販売に農産物の出品を希望する方や関西圏への農産物の販路開拓に興味がある方などを対象に、セミナーと相談会を開催します。

1.対象者:関西圏への農産物の販路開拓に取り組む意欲のある生産者等

2.参加申込み方法:下記参加申込書に必要事項を御記入の上、令和元(2019)年8月21日(水曜日)までに上都賀農業振興事務所までお申し込みください。

問い合わせ先:栃木県上都賀農業振興事務所企画振興課(電話番号:0289-62-5236)

「いちご王国」プロモーション協賛事業の募集について

いちごの生産量が50年連続日本一となったことを契機に、栃木県では1月15日を「いちご王国・栃木」の日として宣言しました。上都賀地域(鹿沼市、日光市)では、このプロモーション期間にあわせて実施される「いちご」をテーマとした取組を行う事業者を「いちご王国」パートナーとし、募集しております。「いちご王国」栃木を上都賀地域から全国に発信するために皆様のご参加をお待ちしております。

問い合わせ先:栃木県上都賀農業振興事務所企画振興課(電話番号:0289-62-5236)

「県産農産物海外需要拡大事業」事業説明会について

この説明会は終了しました。

令和元年8月1日(木曜日)午前10時より、栃木県庁北別館にて「県産農産物海外需要拡大事業」事業説明会が開催されます。輸出に取り組む意欲のある生産者の参加を募集します。参加申込期限は令和元年7月25日(木曜日)までです。

 

問い合わせ先:栃木県農政部経済流通課農産物ブランド推進班(電話番号:028-623-2299)

令和3(2021)年産用白いちご「栃木iW1号」親株購入者の募集について

この募集は終了しました。

令和3(2021)年産用の栃木県育成白いちご新品種「iW1号」の親株購入者を募集します。申込状況によっては、配布本数を調整させていただく場合があります。なお、申込期限は令和元年7月31日(水曜日)必着です。

  • 栃木県育成白いちご新品種「栃木iW1号」(PPT:166KB)
  • 令和3年産用白いちご「栃木iW1号」親株申込書(ワード:45KB)

     

    問い合わせ先:栃木県農政部生産振興課いちご野菜担当(電話番号:028-623-2328)

    いちご新品種「栃木i37号」令和2年産栽培希望者の募集について

    この募集は終了しました。

    栃木県農業試験場いちご県所が育成したいちご新品種「栃木i37号」について、緊急的に増殖した苗を有料で配布します。なお、準備できる定植苗には限りがあるため、配布対象者は最大で5戸(約3a/戸)とし、地域性や波及効果等を書面で審査し、決定させていただきます。なお、応募期限は令和元年7月5日(金曜日)必着です。

    問い合わせ先:栃木県農政部生産振興課いちご野菜担当(電話番号:028-623-2328)


     

     

  • Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    所属:観光経済部農林課農政係

    電話番号:0288-21-5171

    ファクス番号:0288-21-5575

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?