ホーム > 市政情報 > 市の紹介 > 旧5市町村の歴史年表 > 旧日光市歴史年表 > 旧日光市歴史年表(古代~鎌倉)

ここから本文です。

更新日:2010年9月1日

旧日光市歴史年表(古代~鎌倉)

西暦/年号 旧日光市の歴史
766(天平神護2)年 勝道上人、大谷川を渡り四本竜寺を創建。(日光山の起源。)
767(神護景雲元)年 勝道上人、大谷川の北岸に二荒山大神を祀る。(本宮神社の創建。)
4月、勝道上人が第1回目の男体山(二荒山)登攀を試みて失敗。
781(天応元)年 4月、勝道上人が第2回目の男体山登攀を試みて失敗。
782(延暦元)年 3月、勝道上人が第3回目の男体山登攀を試みて、初登攀に成功。(奥宮の創建。)
784(延暦3)年 3月、勝道上人が第4回目の男体山登攀を試みて成功、山腹に神宮寺を建立して止住する。(千手観音を安置する。)
788(延暦7)年 4月、勝道上人が中禅寺湖の北岸に移り住む。
807(大同2)年 勝道上人が下野国司の求めに応じ、補陀洛(男体)山頂で祈雨の行法をする。
808(大同3)年 下野国司橘利遠が朝命により本宮神社の社殿を建立し、また山菅の橋を架けて往来の便に供す。
810(大同5・弘仁元)年 四本竜寺を本坊とし、一山の総号を満願寺と称する。
814(弘仁5)年 8月、弘法大師(空海)が勝道上人の功績を称える碑文(二荒山碑)を著す。
816(弘仁7)年 勝道上人、日光三社大権現(本社・滝尾・本宮神社)を勧請する。
820(弘仁11)年 弘法大師、滝尾・若子両神社を祀る。
829(天長6)~833(天長10)年 慈覚大師、このころ来晃し、三仏堂を建立する。
836(承和3)年 12月、下野国従五位下二荒神が正五位下を受ける。
841(承和8)年 4月、下野国二荒神が正五位上を受ける。
848(嘉祥元)年 8月、下野国二荒神が従四位下を受ける。
857(天安元)年 11月、「下野国従三位二荒神」との記録が見える。
859(貞観元)年 1月、下野国二荒神が正三位を受ける。
860(貞観2)年 9月、下野国二荒神に初めて神主の職が置かれる。
865(貞観7)年 12月、下野国二荒神が従二位を受ける。
869(貞観11)年 3月、下野国二荒神が正二位を受ける。
927(延長5)年 完成した延喜式に、「河内郡二荒山神社」との記載が見える。
1017(寛仁元)年 勅使が下向して諸社に幣帛と神宝とを奉ったが、東山道のなかに下野国二荒の名が見える。
1000(長保2)年 この頃書かれた『枕草子』に「橋は・・・山すげの橋」と神橋が記述される。
1017(寛仁元)年 勅使が下向して諸社に幣帛と神宝とを奉ったが、東山道のなかに下野国二荒の名が見える。
1096(永長元)年 「聖人快舜大徳」と記した、この年の棟札があったとされるが、疑わしい。
1129(大治4)年 二荒山一切経が書写される。
1135(保延元)年 「大勧進弁暹」と記した、この年の棟札があったとされる。
1138(保延4)年 日光山僧の一人が大般若経を書写する。
1141(保延7)年 7月、藤原敦光が中禅寺私記を作る。
1145(久安元)年 この年より、常行三昧堂で行法が始まる。
1155(久寿2)年 この年の棟札があったとされる。
1156(保元元)年 12月、源義朝が日光山造営の功により、下野守に重任。
1158(保元3)年 6月、比叡山の寛朝が、日光山常行三昧堂検校・聖宣に宛て袈裟を送る。
10月、聖宣が寛朝に礼状を送る。
1161(永暦元)年 この年の棟札があったとされる。
1177(安元3)年 日光山別当職を巡り、禅雲と隆宣が争う。那須・宇都宮(禅雲方)と大方・小山(隆宣方)の諸氏が加勢する。
1186(文治2)年 9月、源頼朝が下野寒河郡内の田地15町を日光山三昧田として常行堂に寄進する。
1191(建久2)年 2月、隆宣が鶴岡八幡宮供僧に補せられる。
1201(建仁元)年 8月、隆宣が将軍家如法大般若経で開白導師を勤める。
以後、建保元年まで、しばしば幕府のために祈祷を行なう。
1203(建仁3)年 源実朝が二荒山神社に神馬を奉納する。
1210(承元4 8月、中禅寺造営の棟札あり。
この頃、弁覚が日光山座主となって復旧に着手する。
1213(建保元)年 5月3日、弁覚が幕府のために和田氏と戦い、戦功を立てる。
5月10日、弁覚に鎮西土黒庄が恩賞として与えられる。
9月、長沼宗政が日光山麓にこもった畠山重忠の末子・重慶を斬る。
1215(建保3)年 弁覚が二荒山神社新宮を造営する。
1216(建保4)年 3月、藤原政綱が日光権現に梵鐘を奉納する。
7月、中禅寺宝殿の造立。
1218(建保6)年 稲荷社の建立。
1228(安貞2)年 1月、平助永が滝尾の女体権現に手筥を奉納する。
1240(仁治元)年 弁覚が光明院を創立、一山の本坊となる。
1241(仁治2)年 源実朝の菩提供養のため、新宮に三重塔を建てる。
1252(建長4)年 坊宇以下、常行堂や鐘楼などが焼失する。
1253(建長5)年 8月、中禅寺宝殿と末社が修復される。
この年から、尊家が鎌倉大御堂別当と日光山別当を兼ね、以後、日光山別当は常時、鎌倉に住んで、日光山では光明院の監守が留守職として山務を執るようになる。
1255(建長7)年 尊家が常行堂を再興する。
1267(文永4)年 3月、尊家が常行堂定文22ヵ条を作る。
1275(建治元)年 4月、新宮遷宮を行う。
1276(建治2)年 閏3月、常行堂の規範を定める。
4月、佐野氏綱が抜丸の太刀を中禅寺に寄進する。
1286(弘安9 中禅寺上人・朝禅が宝殿を修営する。
1292(正応5)年 3月、鹿沼教阿が新宮に唐銅燈炉を寄進する。
9月、源恵が天台座主となる(永仁元年まで)。
1302(正安4)年 1月、道潤が天台座主となる。
1306(嘉元4)年 8月、新宮遷宮を行う。
1315(正和4)年 8月、仁澄が中禅寺の大造営を行う。
1316(正和5)年 6月、仁澄が天台座主となる(文保元年まで)。
1323(元亨3)年 日光山の修験が栄える。
1327(嘉暦2)年 道潤が平等院検校となり、帰京か?
1328(嘉暦3)年 4月、中禅寺三重塔の造立供養を行う。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?