ホーム > 防災・安全 > 防犯・交通安全・消費生活 > 消費生活 > 特殊詐欺にご注意ください!

ここから本文です。

更新日:2019年11月21日

特殊詐欺にご注意ください!

日光市内にも市役所職員をかたった還付金詐欺の電話が頻繁にかかっています。また、インターネット上で「日光市ビジターアンケート」というフィッシングサイト(詐欺のサイトでクレジットカード情報を盗むのが目的です。)が存在するようです。もちろん日光市とは無関係のものです。十分ご注意ください。

オレオレ詐欺

親族や会社の上司、警察官、弁護士等を装って電話をかけ、会社での横領、トラブル等の補てん金や交通安全等の示談金名目で、現金を預金口座等に振り込ませたり、宅急便や郵送で送金させたりなどの方法によりだまし取る詐欺。

架空請求詐欺

郵便、インターネット等を利用して不特定多数の人に対し、架空の事実を口実とした料金を請求する文書やメール等を送付するなどして、現金を預金口座等に振り込ませる詐欺。

融資保証金詐欺

実際には融資しないにも関わらず、融資する旨の文書を送付するなどして、融資を申し込んできた人に対し、保証金等を名目に現金を預金口座に振り込ませる詐欺。

還付金等詐欺

税務署や社会保険事務所、市役所等をかたり、税金や保険料、医療費等の還付等に必要な手続きを装ってATMを操作させて、口座間送金により現金をだまし取る詐欺。市職員等をかたった人からの電話の後、金融機関の職員から電話がかかってきます。ATMで、還付金はもどりません!

近年では振り込みをさせず、ネット上で使えるプリカ(電子マネー)で支払う方法も増えています。

一般社団法人日本資金決済業協会ホームページ「ネット上で使えるプリカ(電子マネー)を悪用した詐欺にご注意」(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)

被害に遭わないために

在宅中でも留守番電話に設定しておきましょう

電話がかかってきても、とりあえず留守番電話で受け、相手が確認できたら受話器を取りましょう。

家族で合言葉等を決めておきましょう

家族間でしかわからないような合言葉や質問などのやり取りを決めて、電話でも本人確認ができるようにしておきましょう。

ATM利用限度額を引き下げておきましょう

あらかじめATM利用限度額を引き下げておくと、万が一詐欺の被害に遭った場合でも、被害額を最小限にすることができます。


お問い合わせ

所属:市民環境部生活安全課生活安全係

電話番号:0288-21-5112

ファクス番号:0288-21-5128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?