ホーム > くらし・手続き > 生活環境 > 携帯電話事業によるテレビ受信障害

ここから本文です。

更新日:2019年5月21日

携帯電話事業によるテレビ受信障害

700MHz利用推進協会によるテレビ受信対策工事について

携帯電話事業者が、テレビ放送がアナログ方式からデジタル方式に移行したことにより余った電波領域(700MHz帯)を携帯電話の通信に使用します。

これに伴い、一部の地域でテレビ映像に影響が出る恐れがあることから、事前工事が必要な地域にお住いのご家庭やテレビの映像に影響が出る恐れがある地域のご家庭へは、周知のためのチラシが配布されます。

対策工事を700MHz利用推進協会(株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンク株式会社の4社が設立)が実施し、工事に掛かる費用は700MHz利用推進協会が負担します。

工事作業員は「テレビ受信障害対策員証」を携帯しており、費用を請求することは一切ございません。不審に思われた場合は下記のコールセンターまでお問い合わせください。

700MHzテレビ受信障害対策コールセンター

フリーダイヤル:0120-700-012

IP電話等で上記番号につながらない場合は、050-3786-0700(有料)にお掛け下さい。

受付時間:午前9時~午後10時(土日・祝祭日及び年末年始含む)

携帯電話事業によるテレビ受信障害関連リンク

 

お問い合わせ

所属:企画総務部総合政策課情報政策係

電話番号:0288-21-5131

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?