観光の情報 > 歴史・文化 > ロケ候補地 > 日光エリア > ロケ候補地:日光エリア

ここから本文です。

更新日:2010年9月1日

ロケ候補地:日光エリア

JR日光駅(日光エリア)

JR日光駅JR日光駅
JR日光駅JR日光駅

レトロな雰囲気をもつJR日光駅は、国際的な観光地・日光の玄関口にふさわしい白亜の洋館です。大正元年に建てられたルネサンス様式の名建築で、気品と威厳の両方を併せ持つ左右対称の美しい建築物です。夜になるとライトアップされ、幻想的な姿が浮かびあがります。2階には大正ロマンを感じさせるホール(ホワイトルーム)があり、気品のある駅舎です。

ロケ地の名称

JR日光駅

所在地

日光市相生町115

問合せ先

0288-53-3795/日光市役所日光総合支所観光課

交通アクセス

【車】日光宇都宮道路「日光インターチェンジ」より2分

【電車】JR日光線「日光駅」下車

駐車場

35台

営業時間

 

化け地蔵(並び地蔵)(日光エリア)

化け地蔵(並び地蔵)化け地蔵(並び地蔵)
化け地蔵(並び地蔵)化け地蔵(並び地蔵)

幽邃な雰囲気が漂う憾満ガ淵の岸辺に、約70対ほどの地蔵が静寂の中に一列に並んでいます。その行きと帰りでは数が合わないと言われ「化け地蔵」の名がついています。さまざまな歴史や伝説を秘める憾満ガ淵は、男体山の溶岩と大谷川の急流が造り出した景勝地で『もう一つの日光』の史跡探勝路にもなっています。

ロケ地の名称

化け地蔵(並び地蔵)

所在地

日光市匠町

問合せ先

0288-53-3795/日光市役所日光総合支所観光課

交通アクセス

【車】日光宇都宮道路「日光インターチェンジ」より8分

【電車】JR日光駅・東武日光駅より東武バス中禅寺温泉行き「総合会館前」下車、徒歩15分

駐車場

 

営業時間

 

虚空蔵尊(日光エリア)

虚空蔵尊虚空蔵尊
虚空蔵尊虚空蔵尊

虚空蔵尊は、新しく町が造られた際に町民が現在地に分祠し、6か町の鎮守となりました。その後の再建・改修を経て、社殿(総朱塗り極彩色)は県指定の文化財になっています。境内にある『しだれ桜』は樹齢300年と言われ、日光の桜の名所になっています。

ロケ地の名称

虚空蔵尊

所在地

日光市稲荷町1丁目671

問合せ先

0288-53-3795/日光市役所日光総合支所観光課

交通アクセス

【電車】JR日光駅・東武日光駅より徒歩20分

駐車場

 

営業時間

 

清滝神社(日光エリア)

清滝神社清滝神社
清滝神社清滝神社

弘法大師が820年に開基したと伝えられています。社の背後の岩壁に滝があるのを見て、天竺の大鷲山(だいじゅせん)の清滝で起こったという奇跡の話にちなんで、現在の地名ともなっている清滝と名づけたそうです。毎年5月15日には「湯立て神事」が行われています。

ロケ地の名称

清滝神社

所在地

日光市清滝1-626-26

問合せ先

0288-53-3795/日光市役所日光総合支所観光課

交通アクセス

【車】日光宇都宮道路「清滝インターチェンジ」より5分

【電車】JR日光駅・東武日光駅から東武バス中禅寺温泉行き「清滝1丁目」下車、徒歩1分

駐車場

10台

営業時間

営業時間

明智平(日光エリア)

明智平明智平
明智平明智平

どっしりとした男体山の山容や、澄んだ碧い水をたたえる中禅寺湖の全容、銀色のしぶきを落とす華厳の滝と、奥日光のハイライトをパノラマでとらえられるのは『明智平』だけです。ゴンドラに揺られて4分で標高1473メートルの展望台に到着しますが、その眺望は『芽吹く春』『緑の夏』『紅葉の秋』『白銀の冬』と四季それぞれの美しさを約束してくれます。

ロケ地の名称

明智平

所在地

日光市細尾深沢709

問合せ先

0288-55-0331/日光交通株式会社

交通アクセス

【車】日光宇都宮道路「清滝インターチェンジ」25分

【電車】JR日光駅・東武日光駅から東武バス中禅寺温泉行き「明智平」下車

駐車場

あり

営業時間

午前8時30分~午後4時30分(12~3月は午前9時~午後3時30分)

千手ヶ浜(クリンソウ)(日光エリア)

千手ヶ浜(クリンソウ)千手ヶ浜(クリンソウ)
千手ヶ浜(クリンソウ)千手ヶ浜(クリンソウ)

6月には千手ヶ浜から柳沢川の「音次郎橋」を渡った先には「日光仙人」と呼ばれた故伊藤音次郎氏が住んだ庭があり、「クリンソウ」が一面に咲き誇ります。

ロケ地の名称

千手ヶ浜(クリンソウ)

所在地

日光市中宮祠千手ヶ浜

問合せ先

0288-53-3795/日光市役所日光総合支所観光課

交通アクセス

【車】日光宇都宮道路「清滝インターチェンジ」より約23キロメートル

【電車】JR日光駅・東武日光駅から東武バス「湯元温泉行」赤沼下車

駐車場

なし

営業時間

 

竜頭の滝のツツジ(日光エリア)

竜頭の滝のツツジ竜頭の滝のツツジ
竜頭の滝のツツジ竜頭の滝のツツジ

竜頭の滝の両側に「トウゴクミツバツツジ」が群生しており、5月中下旬は間近で花を見ることができます。茶屋の前の滝壺からが特に美しく、左右2つに分かれた滝の流れの白と、新緑の緑、赤紫色の花は筆舌では表せません。

ロケ地の名称

竜頭の滝のツツジ

所在地

日光市中宮祠

問合せ先

0288-53-3795/日光市役所日光総合支所観光課

交通アクセス

【車】日光宇都宮道路清滝インターチェンジから国道120号方面に約16キロメートル

【電車】JR日光駅・東武日光駅から東武バス湯元温泉行き「竜頭の滝」下車、徒歩1分

駐車場

あり

営業時間

 

霧降の隠れ三滝(日光エリア)

霧降の隠れ三滝霧降の隠れ三滝霧降の隠れ三滝

霧降高原は手つかずの自然に恵まれた別天地で、清流・霧降川に沿って4滝がありますが、このうち『マックラ滝』『玉簾滝(たますだれのたき)』『丁字滝』は、知られざる無名の滝で、「霧降の隠れ三滝」と呼ばれています。地元の人さえその存在を知らないくらいで、いつ訪れても静寂でその原生林に囲まれた景色は素晴らしく感動に値します。

ロケ地の名称

霧降の隠れ三滝

所在地

日光市所野

問合せ先

0288-53-3795/日光市役所日光総合支所観光課

交通アクセス

【電車】JR日光駅・東武日光駅から東武バス霧降高原行き「霧降の滝入口」下車、徒歩20分

駐車場

 

営業時間

 

霧降高原のニッコウキスゲ(日光エリア)

霧降高原のニッコウキスゲ
霧降高原のニッコウキスゲ

「ニッコウキスゲ」が一面に咲き乱れる初夏のキスゲ平。6月下旬~7月上旬には霧降高原が黄色い絨毯で覆われます。

ロケ地の名称

霧降高原のニッコウキスゲ

所在地

日光市所野

問合せ先

0288-53-3795/日光市役所日光総合支所観光課

交通アクセス

【車】日光宇都宮道路「日光インターチェンジ」より20分

【電車】JR日光駅・東武日光駅から東武バス霧降高原行き「終点」下車

駐車場

あり

稲荷川砂防堰提群(日光エリア)

稲荷川砂防堰提群稲荷川砂防堰提群

江戸時代に一つの町を押し流すという歴史的災害を引き起こした暴れ川の稲荷川に、大正7年から幾つもの砂防堰堤(えんてい)が築かれ、門前町日光は災害から守られてきました。その砂防堰堤群は歴史的建造物として国の登録有形文化財に登録されており、現在は歴史的景観を醸しだしながら周辺の自然環境と溶け込んでいて、市民のハイキングコースとしても親しまれています。

ロケ地の名称

稲荷川砂防堰提群

所在地

日光市稲荷川流域

問合せ先

0288-53-3795/日光市役所日光総合支所観光課

交通アクセス

【車】日光宇都宮道路「日光インターチェンジ」より10分

駐車場

 

営業時間

 

光徳牧場(日光エリア)

光徳牧場光徳牧場
光徳牧場光徳牧場

標高1400メートル、戦場ヶ原の北端に広がる3万平方キロメートルの牧場です。5月から10月にかけて乳牛や馬が放牧されており、山々を背景に牛が寝そべるなど牧歌的ムードが漂います。牧柵沿いの『ズミ』の純林が白く可愛らしい花をつける6月や、樹木が金色に染まる秋の風景はまるで一枚の絵画のようです。また冬の光徳はクロスカントリーやスキーなどを楽しむことができ、四季魅力ある牧場です。

ロケ地の名称

光徳牧場

所在地

日光市中宮祠2452

問合せ先

0288-55-0256/光徳牧場

交通アクセス

【車】日光宇都宮道路「清滝インターチェンジ」より40分

【電車】JR日光駅・東武日光駅から東武バス湯元温泉行き「光徳温泉」下車、徒歩5分

駐車場

50台

営業時間

午前9時~午後5時/休業:不定休

あんよの湯(日光エリア)

あんよの湯あんよの湯
あんよの湯あんよの湯

奥日光湯元温泉の源泉をひいた足湯・それが「あんよの湯」で、無料で気軽に楽しめる足湯です。硫黄の独特の香りと大量の湯の花、掛け流しの白濁の柔らかいお湯が足の疲れを心地よく取ってくれます。40人が一度に浸かれる程の大きさで、全天候型で利用者も多く、隣に座った見知らぬ人との会話も弾みます。

ロケ地の名称

あんよの湯

所在地

日光市湯元

問合せ先

0288-53-3795/日光市役所日光総合支所観光課

交通アクセス

【車】中禅寺湖から15分

【電車】JR日光駅・東武日光駅から東武バス「湯元温泉駅」下車、徒歩3分

駐車場

なし(公営駐車場徒歩3分)

営業時間

午前9時~午後8時/12月~4月冬季休業予定

日光の田園風景(日光エリア)

日光の田園風景日光の田園風景
日光の田園風景日光の田園風景

ロケ地の名称

日光の田園風景

所在地

日光市内

問合せ先

0288-53-3795/日光市役所日光総合支所観光課

交通アクセス

 

駐車場

 

営業時間

 

お問い合わせ

所属:観光部観光振興課誘客推進係

電話番号:0288-21-5170

ファクス番号:0288-21-5121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?