ここから本文です。

更新日:2015年6月16日

ロケ候補地

今市(大室)の水車小屋
今市で杉線香の粉を引く「水車小屋」のどかな風景と心地よいリズムが安らぎを与えてくれる。

 

 

ロケ候補地の募集について(一般公募)

日光市は、歴史、文化、自然、温泉など多くの観光資源に恵まれています。そのため、様々なテレビやCM、映画のロケーション撮影が行われてきました。ロケーション撮影及び放映を通じて、映像関係者の方をはじめ、多くの視聴者に日光市の魅力を知っていただくことを目的に標記のとおり一般公募を行います。

応募方法

  ロケ候補地応募用紙に必要事項の記入、ロケ候補地の画像データを添付のうえ、下記まで電子メールにてご応募ください。(10MBを超える電子メールは受信できません。)

応募用紙:ロケ候補地応募用紙(ワード:15KB)(別ウインドウで開きます)

応募先:日光市観光部観光振興課観光振興課アドレス

※ご応募いただいたロケ候補地は、HP上に掲載し情報提供のために使用させていただきます。なお、候補地の管理者に許諾が得られなかったもの、個人情報に関するもの等、候補地としてふさわしくないものと判断した際には、掲載しませんのでご了承ください。

最近のロケ実績のご紹介

「海街diary」

ロケ地:わたらせ渓谷鐵道足尾駅、庚申ダム付近山道

2014年8月下旬に撮影が行われました。足尾駅は、主人公の姉妹達が長年会っていなかった父の葬儀に向かい到着した駅、庚申ダム付近の山道は、駅から家までの近道という設定でした。

公開日

2015年6月13日(土曜日)

内容

鎌倉で暮らす三姉妹の元に、15年前に家を出て行った父の訃報が届きます。父の葬儀のために山形に向かった三人は、そこで初めて異母妹に会います。葬儀も終わり、三姉妹が異母妹と別れる際、長女が「一緒に鎌倉で暮らそう」と提案。そして、鎌倉での四姉妹の生活がスタートします。物語の中では、家族の何気ない日常や、姉妹の恋愛模様が描かれています。

また、当作品は第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品されました。

  • 出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、帆 、広瀬すず、ほか
  • 監督:是枝 裕和
  • 原作:吉田秋生「海街dairy」(小学館「月刊フラワーズ」連載)

足尾駅1 足尾駅2 足尾駅3

足尾駅構内に、ポスターや劇中写真が掲示されています。ぜひ、映画を見てから改めて足尾駅を訪れてみてください。

(足尾駅にお越しの際は、近隣に日光市営駐車場がありますので、ご利用ください。)

また、ロケの内容はこちらでもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

お問い合わせ

所属:観光部観光振興課誘客推進係

電話番号:0288-21-5170

ファクス番号:0288-21-5121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?