ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 青少年教育

ここから本文です。

更新日:2017年12月21日

青少年教育

平成29年度親子科学体験教室(「家庭の日」関連事業)

科学技術に対する興味・関心を高めるとともに、親子の触れ合う機会を作ることを目的として、今年度も「親子科学体験教室」を開催いたしました。

(1)事業名平成29年度親子科学体験教室

(2)日平成29年10月14日(土曜日)

(3)場沢地区センター体育館

(4)参加者内小学1~3年生・・・22名護者・・・23名

平成29年度の様子

実験

サイエンスショーの様子

工作

親子工作教室の様子

平成29年度日光市青少年北海道体験研修事業

平成29年7月31日から8月4日にかけて「日光市青少年北海道体験研修事業」を実施いたしました。当事業は青少年リーダーを目指す小学6年生及び中学1年生や、青少年リーダーとして活動している中学生及び高校生が、姉妹都市である苫小牧市、観光パートナー都市である倶知安町を訪問することをとおし、青少年リーダーとしての資質の向上と、視野の拡大を図り、併せて姉妹都市間、観光パートナー都市間の友好関係を強化することを目的としています。

(1)期間成29年7月31日(月曜日)~8月4日(金曜日)4泊5日

  • 第1回事前研修会:平成29年7月1日(土曜日)
  • 第2回事前研修会:平成29年7月22日(土曜日)
  • 事後研修会:平成29年8月9日(水曜日)
  • 事後研修会・成果報告会:平成29年8月19日(土曜日)

(2)目的地海道(苫小牧市、倶知安町、他)

(3)参加対象内に居住し次の条件を満たす者

  • 青少年リーダーを目指している小学6年生及び中学1年生で、保護者の承諾を得られる者。
  • 現在市内において、青少年リーダーとして活動している中学生及び高校生で、保護者の承諾を得られる者。

(4)参加負担金

  • 小学生・・・30,000円
  • 中学生・・・32,000円

活動の様子

事前研修会

事前研修での学習風景

苫小牧

苫小牧市表敬訪問

倶知安町

倶知安町表敬訪問

事後研修会

事後研修会・成果報告会

平成29年度日光市青少年リーダー研修及び自然体験事業

平成29年度日光市青少年リーダー研修及び自然体験事業を実施しました。

(1)日成29年6月24日(土曜日)~25日(日曜日)

(2)場ャンプインドロブックル(栗山地域)

(3)参加者内小学4~6年生・・・30名少年リーダー・・・11名

(4)内のつかみどり・野外炊飯・キャンプファイヤー・自然体験ハイキングなど

真集合写真

(平成29年度集合写真)

栃木県の青少年教育に関する取り組み

毎月第3日曜日はふれあい育む「家庭の日」

栃木県では、毎月第3日曜日を「家庭の日」と定めています。家庭は、最も大切な家族のよりどころであり、青少年が親や家族から基本的な生活習慣や規範意識の基礎を身につけ、人格を形成するうえで大きな役割を担う大切な場です。

そこで、家族のふれあいが薄れがちな昨今、家族みんなが話し合う機会をできるだけ多く持つことにより、親と子が絆を深め、明るく楽しい家庭づくりを進めるきっかけとするために「家庭の日」の取り組みが進められています(栃木県ホームページより引用)。詳しくは、栃木県ホームページ「家庭の日」(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)

「とちぎの子ども育成憲章」

心豊かでたくましい青少年を育んでいくために、大人の自覚と行動をより一層促し、子どもを健全に育てていく基本理念や大人の行動指針として、栃木県は平成22年2月に「とちぎの子ども育成憲章」を制定しました。

とちぎの子ども育成憲章(PDF:461KB)(別ウインドウで開きます)

とちぎの子ども育成憲章の説明(PDF:483KB)(別ウインドウで開きます)

詳しくは、栃木県ホームページ「とちぎの子ども育成憲章」(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)

国の青少年教育に関する取り組み

平成29年度「日本・中国青年親善交流」事業参加者募集

内閣府では、日本及び中国の青年が相互に相手国の各地を訪問し、青年の交流・産業・文化・教育等の諸施設の訪問等、各種の活動を行うことにより、両国青年相互の理解と友好の増進を図ることを目的として、日本・中国青年親善交流事業を実施します。平成29年度事業では、11月に25人の日本青年等を中国に派遣をすることとしています。

 

主催 内閣府
実施日(期間) 2017年11月14日(火曜日)~2017年11月25日(土曜日)
対象(資格等) 日本国籍を有する18歳以上30歳以下の青年
定員 25人
負担金等 (参加費)9万円程度、(事後活動組織入会金)3万円
申込期間・締切

2017年8月1日(火曜日)~2017年8月31日(木曜日)(必着)

申込方法

郵送(封書)

内閣府HP募集ページ(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)

応募者は、参加申込書、健康診断書及び作文をそろえて、内閣府青年国際交流担当室へ郵送またはEメールにて、提出してください。なお、詳しくは、内閣府HPをご確認ください。

申込先

内閣府青年国際交流担当室

住所:〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1中央合同庁舎第8号館

TEL:03-6257-1434

FAX:03-3581-1609

Mail:i.kokusai1@cao.go.jp

※当該事業についてのお問い合わせは、申込先となっている内閣府の青年国際交流担当室にお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:教育委員会事務局生涯学習課生涯学習係

電話番号:0288-21-5182

ファクス番号:0288-21-5185

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?