ここから本文です。

更新日:2017年7月26日

平和行政

原爆死没者・戦没者の慰霊と平和祈念の黙とうにご協力ください

8月6日は広島市、9日は長崎市に原爆が投下され、今年で72回目の「原爆の日」を迎えます。

広島市と長崎市では、それぞれ原爆が投下された日時に、原爆死没者のご冥福と世界恒久平和の実現を祈念するため、平和の鐘を合図に1分間の黙とうが捧げられます。

また、8月15日は「戦没者を追悼し平和を祈念する日」です。政府主催の全国戦没者追悼式が行われ、正午から1分間の黙とうが捧げられます。

ご家庭や職場、地域などにおきましても、原爆死没者ならびに戦没者の慰霊と世界の恒久平和を祈念し、下記により、1分間の黙とうにご協力ください。

黙とうの日時(平成29年)

8月6日(日曜日) 午前8時15分 広島の原爆死没者のご冥福を祈る黙とう
8月9日(水曜日) 午前11時2分 長崎の原爆死没者のご冥福を祈る黙とう
8月15日(火曜日) 正午 戦没者を追悼して平和を祈念する黙とう

 

日光市非核平和都市宣言

平成19年日光市議会第1回定例会において、「非核平和都市宣言」が決定しました。
宣言文は次のとおりです。


日光市非核平和都市宣言

私たちは願っている
全世界が平和であることを
すべての人が幸せであることを

私たちは守りたい
豊かな緑と鬼怒・大谷・渡良瀬の清流を
世界に誇る文化遺産を
何よりもひとりひとりのかけがえのない命を

私たちはなくしたい
人々を傷つける暴力を
人々をくるわせてしまう戦争を
すべてを破壊してしまう核兵器を

私たちは知っている
二度と繰り返してはいけない広島・長崎の悲惨な歴史を
世界に広がる非核平和への願いを

私たち日光市民は今この想いを世界に訴えるために
「非核平和都市日光」を宣言する

平成19年3月22日


(英文)
Nikko
City: Declaration of Non-Nuclear Peace

We have a wish,
That the entire world will achieve peace,
That all humankind will achieve happiness.

We want to protect,
The abundant green and the clear rivers of Kinu, Daiya, and Watarase,
World renowned cultural heritages,
And, above all, each and every precious life.

We want to part ways with,
Violence that maims people,
War that drives people mad,
Nuclear weapons that devastate all.

We know,
We cannot repeat the dreadful history of Hiroshima and Nagasaki,
Of the worlds wish of non-nuclear peace.

We, the people of Nikko City, to appeal to the world this desire,
Advance our declaration: “Nikko City Non-Nuclear Peace”.


宣言文は、本庁舎と各行政センターに掲示しています。
市では今後も、平和行政を推進していきます。

お問い合わせ

所属:行政経営部総務課総務係

電話番号:0288-21-5130

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?