ホーム > 防災・安全 > 被災者支援 > 平成27年9月関東・東北豪雨災害に係る「被災者生活再建支援金(基礎支援金)」の申請期間の延長

ここから本文です。

更新日:2017年12月5日

平成27年9月関東・東北豪雨災害に係る「被災者生活再建支援金(基礎支援金)」の申請期間の延長

平成27年9月に発生した関東・東北豪雨による住宅の「全壊世帯」・「大規模半壊世帯」・「解体世帯(半壊解体世帯・敷地被害解体世帯)」に支給される国・県による「被災者生活再建支援金(基礎支援金、最高100万円)」の申請期間が、平成30年10月8日まで延長されました。

なお、申請には、り災証明書などの他、解体世帯の場合は解体証明書が必要です。

「解体世帯」とは、住宅が半壊または大規模半壊、あるいは住宅の敷地に被害が生じるなどして、そのままにしておくと非常に危険であったり、修理するにはあまりにも高い経費がかかったりするため、これらの住宅を解体した世帯をいいます。

住宅の被害程度は、り災証明書で確認することができます。なお、関東・東北豪雨に係るり災証明書の新規交付受付は、現在行っていません(再交付のみ受け付けています)。

また、基礎支援金の支給を受けた場合、住宅の再建方法などに応じて加算支援金(最高200万円、申請期限:平成30年10月8日)の支給が受けられます。

詳しくは、お問い合わせください。

お問い合わせ

所属:行政経営部総務課防災対策室

電話番号:0288-21-5166

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?