ホーム > 防災・安全 > 防災 > 日光白根山火山噴火ハザードマップ

ここから本文です。

更新日:2018年10月25日

日光白根山火山噴火ハザードマップ

本マップは、日光白根山の噴火警戒レベル3における火山活動に伴って発生する現象の影響範囲を示したもので、日光白根山火山防災協議会(栃木県、群馬県、関係市村(日光市、沼田市、片品村)、防災関係機関、火山専門家等で構成)が作成しました。なお、噴火警戒レベル4及び5のハザードマップは、平成31(2019)年度以降に作成予定です。

 

本マップは、日光白根山の噴火警戒レベル3における火山活動に伴う現象のうち降灰後の土石流について、影響が大きい日光市湯元地区の範囲を拡大して示したものです。なお、降灰後の土石流の範囲は、降灰後に100年に1度の大雨(日雨量581mm)が降った場合の被害を想定しています。

 

日光白根山の現状について

以下のページを参照ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:企画総務部総務課防災対策係

電話番号:0288-21-5166

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?