ホーム > 防災・安全 > 被災者支援 > り災証明書の発行

ここから本文です。

更新日:2017年6月19日

り災証明書の発行

り災証明書の発行について

災害によって家屋などが破損した場合、市職員が被害状況を確認し、り災証明書を発行します。

保険金の請求や各種支援・救済措置などの手続きの際に提出を求められることがあります。

手続き先にあらかじめご確認いただき、必要な書類を確認してから申請してください。申請書には提出先を明記していただきます。

証明内容

  • 区分:家屋(住家、非住家)、塀など
  • 程度:全壊・半壊・一部損壊

申請受付・発行場所

  • 日光市役所本庁舎3階総務課防災対策室
  • 日光行政センター2階地域振興・防災係
  • 藤原行政センター1階地域振興・防災係
  • 足尾行政センター1階地域振興・防災係
  • 栗山行政センター1階地域振興・防災係

受付時間

  • 平日の午前8時30分から午後5時15分

申請に必要なもの

  • 申請書(PDF:10KB)(別ウインドウで開きます)
  • 被害を受けた物件等の写真(被災した当時のもの)
  • 窓口に来られる方の身分証明書(免許証・健康保険証など)
  • 雷による被災の場合、「雷による破損」と記載された見積書

手数料

  • 無料

その他

り災証明書の発行につきましては、おおむね災害発生後3ヶ月以内に申請書を提出してください。災害発生後、長期間が経ちますと、災害と被害との因果関係の判断が難しくなり、証明書を発行出来ないこともあります。

り災証明書(平成27年9月関東・東北豪雨災害)の新規申請の受付を終了しました

平成27年9月関東・東北豪雨災害の発生から間もなく1年が経過します。家屋等の損壊と水害との因果関係の判断が困難になってきたことから、り災証明書の発行を2016年9月8日(木曜日)で終了しました。なお、再交付申請は、継続して受け付けます。

り災証明書(東日本大震災)の新規申請の受付を終了しました

東日本大震災の発生から3年半が経過し、家屋の損壊と震災との因果関係の判断が困難になってきたことから、り災証明書の発行を2014年9月30日(火曜日)で終了しました。

なお、り災証明の再発行につきましては、下記までお問い合わせ下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:行政経営部総務課防災対策室

電話番号:0288-21-5166

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?