ホーム > 防災・安全 > 防災 > 台風から身を守る

ここから本文です。

更新日:2015年6月5日

台風から身を守る

事前の準備

台風が接近する前に準備

  • 懐中電灯、ラジオを用意する
  • 気象情報(テレビ・ラジオ)を聴く
  • 強風で倒れたり飛ばされないように物を固定する
  • いつでも避難できる準備をしておく
  • 飲料水・食料を準備する
  • 非常持出品を準備する
  • 雨戸や窓を補強する
  • ベランダや家の周りの、物干しなど、物の固定をする

台風が接近したら

危険な場所には近づかない

大雨の時は、増水した小川や側溝では境界見え難く、冠水した道路上では浮き上がったマンホールが見え難くなるため、小川やマンホールに転落する事故も発生します。また、山崩れやがけ崩れも起こりやすくなります。

このような場所には近づかないでください。

強風や吹き返しの風に注意

強風による飛来物(瓦や看板)の事故に注意してください。今まで吹いていた強い風が急に弱まっても、1から2時間後には再び吹き返しの強風が吹くことがありますので、注意してください。

危険が迫ったら

避難

  • 正確な情報を収集して、危険を感じたら早めに自主避難をする。
  • 避難の勧告や指示があったときには、すぐ避難する。
  • 避難の前には、必ず火の始末をする。
  • 避難の際の持ち物は、最小限にして背中に背負い、両手は自由に使えるようにする。
  • 頭はヘルメットや安全帽で保護する。
  • はだしは禁物。靴は丈夫で底の厚いものがよい。長靴は、水が入ると歩きにくいので避ける。
  • 近隣の高齢者などの避難に協力する。
  • ひざのあたりまで浸水した時や夜間の豪雨時の避難は、危険を伴う場合があります。
  • どうしても避難所までの避難が困難な場合には、近くの頑丈な建物の2階以上に緊急避難するか、家の中でより安全な場所(2階でも崖から離れた部屋)などに避難しましょう。

 

お問い合わせ

所属:行政経営部総務課防災対策室

電話番号:0288-21-5166

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?