ホーム > 防災・安全 > 被災者支援 > 令和元年台風19号による災害に伴う被害救助のために使用する車両取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2019年10月18日

令和元年台風19号による災害に伴う被害救助のために使用する車両取扱いについて

令和元年7月から高速道路無料措置における手続きは簡素化されました。

対象地:栃木県、茨城県

高速道路料金無料措置期間

茨城県:令和元年10月15日(火曜日)~令和元年12月31日(火曜日)

料金免除措置を行う有料道路管理者

東日本高速道路株式会社/西日本高速道路株式会社/中日本高速道路株式会社/首都高速道路株式会社/阪神高速道路株式会社/本州四国連絡高速道路株式会社

対象車両

(1)自治体が災害救援のために使用する車両

(2)災害救助を行うボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両。

簡素化された手続き

 

料金免除措置を行う有料道路管理者のWEBサイトで「ボランティア車両証明書」をダウンロードする。

 

詳細は下記資料参照

災害ボランティア車両の高速道路無料措置における手続き簡素化について(PDF:186KB)

ボランティア車両証明書の利用方法

(1)高速道路会社等HPから往復分の証明書を取得

(2)証明書に必要事項を記入

(3)高速道路を利用(往路)、被災地の指定ICにて本人確認書類を提示のうえ、証明書を係員に提出(係員に提示のうえ、証明書に確認印の押印を受ける)。

(4)ボランティア活動実施

(5)ボランティア活動終了時、災害ボランティアセンター等で証明書に「活動確認」の押印を受ける。

(6)高速道路を利用(復路)、出発地のICにて本人確認書類を提示のうえ、証明書を係員に提出(係員に提示のうえ、証明書に確認印の押印を受ける)。

【重要】一般のボランティアの方へ

自発的な意思により他人や社会に貢献する無償のボランティア活動を行う方を対象とした「ボランティア活動保険」があります。

加入申込先:日光市社会福祉協議会

日光市今市511-1

電話0288-21-2759

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:地域振興部地域振興課市民協働推進係

電話番号:0288-21-5147

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?