ホーム > 防災・安全 > 消防・救急 > 消火器の取り扱い

ここから本文です。

更新日:2013年8月30日

消火器の取り扱い

消火器の破裂による事故が発生しました。このような事故を未然に防ぐため、次の点について注意してください。

消火器の維持管理

  1. 消火器は、できるだけ風通しがよく、目につきやすい場所に設置してください。
  2. 水にぬれるところ、湿気の多いところは避けてください。
  3. 直射日光のあたるところ、高温になるところは避けてください。

消火器の廃棄

  1. 不用になった消火器については、放射、分解をしないでください。
  2. サビ・腐食が発生している消火器は、容器破裂の危険が大きいので、消火訓練なども含めて決して薬剤を放射しないでください。

古くなった消火器

消火器の廃棄は、地区のゴミ集積所には出さずに廃棄物処理業者及び販売店、メーカーに引き取りを依頼してください。別途廃棄処理費用が必要です。

 

日光市内の消火器廃棄対応可能業者

名称

所在地

電話番号

柴田荒物店

日光市今市468

0288-21-0156

伊谷防災設備

日光市久次良町1814

0288-54-2087

橘組

日光市相生町13-1

0288-54-0251

 

担当窓口
電話番号
消防本部予防課 0288-21-0368
今市消防署 0288-21-0539
日光消防署 0288-54-0050
藤原消防署 0288-76-1444

 

担当窓口

消防本部予防課予防係

電話番号0288-21-0368

お問い合わせ

所属:消防本部予防課予防係

電話番号:0288-21-0368

ファクス番号:0288-30-2986

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?