ホーム > 市政情報 > 行財政 > 財政 > 長期財政の収支見通しについて

ここから本文です。

更新日:2019年9月2日

長期財政の収支見通しについて

日光市では、健全財政の確保を目指し、長期的な視点に基づく安定した財政運営を行うために、平成30年度から平成42年度(令和12年度)までの長期財政収支見通しを作成しました。

策定の背景

本市の財政状況は、人口の減少や高齢化、市町村合併に伴う国の財政支援措置の終了により、歳入面においては市税の減少とともに、普通交付税の合併算定替が段階的に縮小していくなど、一般財源の確保が困難な状況にあります。
一方、歳出面においては、合併以降、高齢化の進行に伴う社会保障関係経費の増加や、これまでに実施してきました合併特例債を活用した事業などによる公債費の増加に加え、公共施設マネジメント計画に基づく公共施設の統廃合や長寿命化の推進といった課題にも対応していかなければならず、厳しい財政運営となることが予想されます。
こうした状況から、持続可能な行政経営を行っていくためには、歳入に見合った歳出構造とする財政基盤を確立していく必要があります。

策定目的

総合計画の実現や持続的な行政経営を進めるにあたり、長期的な視点に立った収支見通しを策定し、財政上の指針として活用するものです。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:財務部財政課財政係

電話番号:0288-21-5162

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?