ホーム > 市政情報 > 日光市議会 > 請願・陳情 > 意見書等の提出 > 平成27年提出の意見書・要望書

ここから本文です。

更新日:2018年12月25日

平成27年提出の意見書・要望書

市に対する意見書・要望書の提出について

提出日:平成27年12月18日

日光市にカーリング場の建設を求める意見書

カーリングの専用施設は全国で10数カ所ありますが、予約が多く順番待ちの所が多いそうです。また、使用できる人数の何倍もの申し込みがあり、受け入れができないとのこと。日光カーリング協会にも、カーリングを体験したいと企業や旅行会社のツアーからの問い合わせが多くあるものの、専用リンクがないため、全て受け入れることができないとのこと。カーリングは、小学生から80歳代まで幅広く楽しむことができる、職場・学校・町内・家族等でチームを作ることができる、観光客・ツアー客等も利用することも見込まれることから、年間を通じた市民の体力づくりと観光誘客、日光の活性化のために、地方自治法第99条の規定に基づき、市に対してカーリング場の建設にむけた取り組みに着手するよう求める意見書を提出しました。

国や県に対する意見書・要望書の提出について

森林吸収源対策に係る安定財源確保及び山村振興対策の推進を求める意見書

森林は、国民の安全・安心、国土・環境を守る重要な国民共通の財産ですが、森林関連産業の現状は、経営基盤が脆弱で山村の疲弊も著しく、また間伐等による森林吸収源対策に係る国の予算は必要量を確保できていません。一方で、平成27年度税制大綱及び「骨太方針2015」で、「森林吸収源対策及び地方の地球温暖化対策の財源確保について、COP21に向けた2020年以降の温室効果ガス削減目標の設定までに具体的な結論を得る」とされました。また山村振興対策は、山村振興法に附帯決議が確認されていますが、国・地方での具体的な対策が必要です。よって、森林吸収源対策に係る安定財源確保及び山村振興法に基づく山村振興対策の推進を図るべく、国会及び政府に対し、森林整備推進等のための安定財源を確保することなどの実現を強く要望する意見書を提出しました。

年金積立金の適正運用の確保についての意見書

提出日:平成27年9月29日

公的年金は高齢者世帯収入の7割を占め、6割の高齢者世帯が年金収入だけで生活しており、年金は老後の生活保障の柱となっています。国は、年金積立金管理運用独立法人(GPIF)に対して、今後も年金制度を維持していくために年金積立金の運用の見直しを求め、GPIFは中期計画を変更し、運用資産の構成割合の見直し、内部統制、リスク管理体制の強化等を行うとしています。もとより、国民の財産である年金積立金の運用は、年金財政・年金制度と密接に関わるものであり、長期的な健全性を確保していかなければなりません。よって国に対して、被保険者の利益を第一に考え、年金積立金の運用が適切に行われるよう、早急にGPIFのガバナンス体制の強化を図ることなどを求める意見書を提出しました。

CRPS(複合性局所疼痛症候群)の難病指定を求める意見書

提出日:平成27年6月18日

CRPSは、骨折などの外傷や手術、採血などの医療的行為による神経損傷をきっかけとして、慢性的な痛みと浮腫などの症状を引き起こすものです。発症原因は諸説あり、痛みへの対処自体が難しく、治療法も未確立なことなどから、患者の日常生活に非常に大きな影響を及ぼしています。また、稀な発症率ということもあり、これまで認知度が低く、長年、診断自体がなされなかった患者も多いが、難病に指定されれば広く知られるようになり、早期に診断・治療がなされ、症状の軽減などが期待できます。しかし、難病指定の一定要件を満たしているにもかかわらず、いまだにその指定がなされていないことから、患者は治療費の経済的負担が重くのしかかり、肉体的にも精神的にも日常生活の営みが困難になっています。よって、衆参両議院並びに政府に対して、CRPS(複合性局所疼痛症候群)を難病に指定することなど、3点を強く要望する意見書を提出しました。

戦争放棄を定めた憲法第9条を守ることを求める意見書

提出日:平成27年3月23日

日本は戦後70年の間、戦争放棄を定めた憲法を守ってきました。戦争をしない国として憲法第9条が世界で認められ、2014年のノーベル平和賞最有力候補にノミネートされるなど、世界平和への貢献が求められています。日光市は、『非核平和都市宣言』を掲げ、憲法第9条の理念を込めて世界に訴えてきました。世界各地で武力紛争が発生している今日、国際社会に世界平和を訴えるためにも、日本がこれからも戦争放棄を定めた憲法第9条を守ることを、改めて国に要望する意見書を提出しました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:議会事務局議事課議事調査係

電話番号:0288-21-5140

ファクス番号:0288-21-5141

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?