ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > ごみ・リサイクル関係補助制度

ここから本文です。

更新日:2023年9月5日

ごみ・リサイクル関係補助制度

生ごみ処理機お試しレンタル(モニター)募集<*事業者(店舗)も対象>

日光市では、家庭から排出される燃えるごみの約半分が「生ごみ」です。約80%を水分が占める生ごみを処理するには、多くの燃料が必要となり、環境的にも費用的にも大きな負担となります。

対策として、「生ごみ処理機」を活用したごみの減量化(乾燥化)が効果的ですが、高額であるなどの理由から、導入を控える方も多いようです。

そこで、今年度は事業者および家庭を対象とした「生ごみ処理機のお試しレンタル(機器の無料貸し出し)」による実証実験(モニター)を実施します。モニターの方には、生ごみの計量やアンケート調査等にご協力をお願いします。

事業者(店舗)での利用も応募可です。この機会にぜひご利用ください。

貸出開始日…8月上旬から開始

貸出期間事業者…3カ月/家庭…1カ月

貸出機器…最大処理能力約2kg/(乾燥式)※25台程度予定(申し込み多数の場合は抽選)

申込期限…7月25日(火曜日)までに申込書(ワード:18KB)(別ウインドウで開きます)に記入の上、資源循環推進課へ提出

貸出条件…次のすべてを満たす方

1.市内在住で、機器を適切に管理できる方(市内指定場所での受け渡しのほか、期間終了後は簡易清掃のうえ返却。電気料などは自己負担)

2.生ごみ量の計量、記録のデータ集計、アンケート調査などに協力いただける方

3.市のごみ減量化・資源化などの取り組みに賛同・協力いただける方

家庭用生ごみ処理機使用貸借契約書(貸出決定の際に提出要)

 

家庭用生ごみ処理機器の設置費補助制度(R5「レンタル」追加)

生ごみの減量化・資源化を推進するため、家庭用生ごみ処理機器の設置費補助金を、予算の範囲内で交付します。購入[レンタル]後のものは補助対象になりませんのでご注意ください。

<R5年5月1日よりレンタルの場合も補助対象になりました>

対象機器

補助率

補助金額(上限額)

機械式生ごみ処理機

購入費(税抜)の2分の1

レンタル費(税抜)の2分の1

30,000円

(レンタル:月額2分の1換算/年度末等払)

コンポスト容器

購入費(税抜)の2分の1

3,000円

「家庭用」とは、処理能力が日量数キログラム程度のものをいい、事業(市民が経営する小規模店舗等)での使用を妨げるものではありません。

申請方法

あらかじめ(機器を購入[レンタル]する前に)、下記の書類を添えて申請書様式第1号(ワード:19KB)(別ウインドウで開きます)を窓口に提出してください。

  1. 設置しようとする処理機器の概要が分かる説明書または仕様書(カタログ等)
  2. 購入[レンタル]予定の販売店による購入[レンタル]費の見積書
  3. 市税及び公共料金の納付状況に関する調査の同意書様式第2号(ワード:20KB)(別ウインドウで開きます)

補助制度の概要[チラシ](PDF:108KB)(別ウインドウで開きます)

 

事業用生ごみ処理機の設置費補助制度(R5新設)

生ごみの減量化・資源化を推進するため、市内事業者を対象にした事業用生ごみ処理機の設置費補助金を、予算の範囲内で交付します。購入後のものは補助対象になりませんのでご注意ください。

観光業等を主産業とする本市においては、事業系ごみの割合が高い傾向にあります。処理能力規模の大きな事業用の生ごみ処理機の設置に対する補助制度の活用をご検討ください。

対象機器

補助率

補助金額(上限額)

事業用生ごみ処理機

(処理能力が日量10キログラム以上)

購入費(税抜)の2分の1

500,000円

申請方法

あらかじめ(機器を購入[設置]する前に)、下記の書類を添えて申請書(ワード:22KB)(別ウインドウで開きます)を窓口に提出してください。

  1. 事業計画書(ワード:22KB)(処理機器の説明書または仕様書(カタログ)等も添付)(別ウインドウで開きます)
  2. 設置しようとする箇所の平面図等
  3. 購入[設置]予定の販売店等による購入[設置]費の見積書
  4. 市税及び公共料金の納付状況に関する調査の同意書(ワード:20KB)(別ウインドウで開きます)
  5. 法人の登記事項証明書(法人の場合)

 

補助制度の概要[事業用チラシ](PDF:107KB)(別ウインドウで開きます)

機器導入前後の事業系ごみ量の減量効果の調査等、市のごみ減量化・資源化の取組みにご協力をお願いします。

 

資源物回収報奨金制度

ごみの減量化と資源の有効利用を進めるために、資源物の集団回収に協力している団体に対して資源物回収報奨金を交付します。

報奨金が受けられる団体について

地域の住民で構成され、かつ、家庭から出る資源となる物を自主的に回収する、営利を目的としない団体です。

(例)PTA、スポーツ少年団、子ども会、老人会、婦人会、自治会など

申請のしかた

1.実施団体の登録

集団回収を行う前に、実施団体登録する届出を提出していただきます。

添付書類:

 

資源物回収報奨金制度の流れ(PDF:121KB)(別ウインドウで開きます)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:市民生活部資源循環推進課資源循環推進係

電話番号:0288-21-5138

ファクス番号:0288-21-5121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?