ホーム > 市政情報 > 行財政 > 本庁舎整備

ここから本文です。

更新日:2020年3月23日

本庁舎整備

本庁舎整備を行っています

日光市では、平成29年度から令和2年度までの予定で本庁舎整備を行っています。
平成31年1月4日から新本庁舎での業務を開始し、現在、付属棟の建設、旧庁舎の解体を進めています。その後、外構などの工事を行い、すべての工事の完了は令和2年度中を予定しています。

市民駐車場が変わりました(令和2年1月6日から)

旧本庁舎の解体工事の開始に伴い、市民駐車場が変わりました。

変更点は以下のとおりです。

  • 旧本庁舎側駐車場の一部利用停止
  • 本庁舎東側駐車場の一部供用開始
  • 南側(今市第三小学校側)出入口の使用中止
  • 駐車場出入口を西側1か所に統一

駐車場案内図

駐車場案内図(上の図と同じです)(PDF:287KB)(別ウィンドウで開きます)

今後、解体工事の進捗により本庁舎と東庁舎への動線が変更になります。

工事期間中はたいへんご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。

本庁舎建設工事の進捗状況をお知らせします

リンク先は日光市本庁舎建設工事の施工者である東武・磯部・八興特定建設工事共同企業体の代表者(東武建設株式会社)のサイトです。

ご協力をお願いします

本庁舎整備の工事期間中は、市民のみなさま、ご来庁のみなさまにご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

鳥観図

本庁舎整備の完成イメージ図

本庁舎整備の経過

現在の市役所本庁舎は昭和44年に旧今市市役所として建設されました。その後、市の発展に合わせ、昭和56年に第2庁舎、平成7年に第3庁舎を増築して庁舎を拡大しています。また、昭和50年に建設した旧今市消防署を平成18年の市町村合併と同時に耐震補強・改築し、現第4庁舎として利用しています。

しかし現在では、庁舎の老朽化や狭隘化、分散化などによって利用者の利便性が低下しています。さらに、本庁舎は平成21年度に耐震診断を行ったところ、耐震性が低く、災害時の拠点施設とはなり得ないという結果が出ており、利用者や職員の安全が守れない状態となっています。

これらの現状を受け、市では本庁舎の整備について、さまざまな取り組みを行っています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:財務部資産経営課資産管理係

電話番号:0288-21-5132

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?