ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種 > 予防接種(20歳未満)

ここから本文です。

更新日:2022年8月16日

予防接種(20歳未満)

予防接種とは、感染症にかからないように、感染症にかかっても重症化を防ぐためのものです。

予防接種を受けることは、お子さんを感染症から守るだけでなく、感染症が大きく流行することを防ぐという大切な社会的役割があります。

日光市では、医療機関で個人ごとに受ける個別接種という方法で予防接種を実施しています。

新型コロナウイルス感染症の流行などが気になる保護者の方もいると思いますが、予防接種を受ける時期は感染症にかかりやすい月齢、年齢などをもとに定められています。くわしくは厚生労働省作成のリーフレット「遅らせないで!子供の予防接種と乳幼児健診」(PDF:849KB)をご覧ください。(別ウインドウで開きます)

定期接種

  • 病気の発生及び流行を予防するために、国が予防接種法という法律で、特に予防接種が必要だと定めているものを「定期接種」といいます。
  • 「定期接種」の予防接種には、それぞれ接種するのに最も効果的な時期や必要回数及び接種の間隔などがあり、「標準的な」「標準的には」などと表現されます。

日本脳炎ワクチンの不足について

日本脳炎ワクチンは製造を停止していた時期があった影響で、令和3年1月頃から全国的にワクチン不足となっていました。令和4年1月からワクチンの供給量は徐々に回復しつつありますが、まだ通常の供給量には届かない状態です。そのため、しばらくはまだ医療機関での予約がとれない、又は予約をしてもワクチン入荷までお待ちいただくような状況が続いています。

接種対象年齢のお子さまの保護者様にはお迷惑をおかけいたしますが、接種を希望する医療機関とご相談いただきながら接種を進めていただきますようにお願いいたします。

個別接種

区分

接種回数、間隔

実施月

対象年齢、学年

ロタワクチン

  • ロタリックス
  • ロタテック

(令和2年8月1日以降に生まれた方)

  • ロタリックス(2回接種)

1回接種後27日以上の間隔をあけて2回目を生後24週0日までに接種する

  • ロタテック(3回接種)

27日以上の間隔をあけて32週0日までに3回接種

 

通年

ロタリックス、ロタテックともに生後14週6日までに初回接種することが推奨されています

 

  • ロタリックス

生後2ヶ月~24週0日までに2回接種

  • ロタテック

生後2ヶ月~32週0日までに3回接種

四種混合(百日ぜき・ジフテリア・破傷風・ポリオ)

標準的には20日から56日までの間隔をおいて】3回
その後6か月以上の間隔をあけて【標準的には12か月から18か月に間隔をあけて】

追加として1回

通年

生後3ヶ月~90ヶ月未満
注意:7歳半になる日の前日まで

【標準的な年齢】初回3回:生後3~12ヶ月

追加1回:初回接種後12~18か月おいて

 

ポリオ

※四種混合を受けている方は接種する必要はありません。

四種混合と同様

通年

四種混合と同様

麻しん・風しん

MR混合

1期として1回

2期として1回

通年

1期:1回生後12ヶ月~24ヶ月未満
2期:1回年長児【平成28年4月2日から平成29年4月1日生】

令和4年4月1日から令和5年3月31日までが2期の接種期間です

麻しん単独

風しん単独

BCG接種

1回

通年

1歳未満

【標準的な接種月齢は生後5ヶ月~8ヶ月】

B型肝炎

3回

  • 1回接種後27日以上の間隔をおいて2回目接種。3回目の接種は1回目の接種から139日以上の間隔をあけて接種する

通年

1歳未満

  • 平成28年4月1日生まれのお子さんから対象となりました

二種混合(ジフテリア・破傷風)

1回

四種混合(三種混合)の第2期として接種します

通年

小学校6年生【平成22年4月2日から平成23年4月1日生まれ】のお子さんに通知します(11歳以上13歳未満が対象者です)

ヒブ(インフルエンザ菌b型)

 

  • 生後2ヶ月から接種開始できます。接種開始時期によって接種回数が変わります。

通年

生後2ヶ月~5歳未満

  • 生後12ヶ月未満で接種を開始した場合は、生後12ヶ月になるまでに、3回または2回の接種ができるように計画的に進めましょう。
  • 標準的な接種接種方法図(PDF:203KB)をご参照ください。(別ウィンドウで開きます)

 

小児用肺炎球菌
  • 生後2ヶ月から接種開始できます。接種開始時期によって接種回数が変わります。

通年

生後2ヶ月~5歳未満

  • 生後12ヶ月未満で接種を開始した場合は、生後12ヶ月になるまでに、3回または2回の接種ができるように計画的に進めましょう
  • 標準的な接種方法図(PDF:203KB)をご参照ください。(別ウィンドウで開きます)

 

水痘(水ぼうそう)

  • 1歳~3歳未満の間に1回目の接種から、少なくても3か月以上【標準的には6か月~1年程度】の間隔をおいて2回

通年

 

 

1歳~3歳未満(2回)

 

 

日本脳炎

(ワクチンの供減量が少なくなっていたため予約が取りにくくなっています)

 

 

1期の初回として6日以上の間隔をおいて【標準的には6日~28日までの間隔で】2回

通年

生後90ヶ月(7歳半)までに3回

  • 【標準的には3歳のときに2回】

1期の追加として1期の初回2回接種が終了後、6か月以上の間隔をおいて【標準的には約1年の間隔をおいて1回

通年

生後90ヶ月(7歳半)までに3回

  • 【標準的には4歳のときに1回】

令和3年度はワクチン供給量減少のため勧奨しませんでした

2期として

1期終了後、おおむね5年後に1回

 

令和3年はワクチンの供給量減少のため、2期の対象者には勧奨しませんでした

特例対象者の接種   差控えによって幼少時に接種できなかった方(平成19年4月1日までに生まれた20歳未満の方)は1期、2期とも20歳未満の間は接種できます。くわしくはお問い合わせください。

子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)

 

 

 

 

3回

通年

小学校6年生~高校1年生相当(平成18年4月2日~平成23年4月1日生まれ)標準的な接種期間は中学校1年生とされています。

※平成25年6月から積極的に接種を勧奨することが差し控えられてきましたが、令和3年11月26日、勧奨が再開されることが正式に示されました。

子宮頸がん予防ワクチン接種についてご相談は、厚生労働省の相談電話050-3818-2242まで。(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで受付ています)

インフルエンザ(高齢者)

毎年10月~2月が接種期間です

くわしくは9月中旬以降に掲載します

1回

10月
~2月

  • 65歳以上の方
  • 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能に、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいがある方(身体障害者手帳1級相当)

高齢者用肺炎球菌(23価ワクチン)

平成26年10月から一部年齢の方が定期接種となりました。

※希望する方は市に申込みが必要です

1回

通年

  • 令和5年3月31日現在の年齢が65歳から5歳刻みで100歳の方で今までに接種をしたことがない方
  • 60歳から64歳の方で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能にまたはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいがある方(身体障害者手帳1級をお持ちの方または同等の方)で今までに接種をしたことがない方
  • 高齢者用肺炎球菌についてくわしくは、高齢者用肺炎球菌予防接種のチラシを広報にっこうと一緒に配布しております。
  • チラシの内容(PDF:288KB)をご確認いただけます(別ウインドウで開きます)

ロタウイルスワクチンについて

ロタウイルスワクチンは、令和2年10月1日から定期接種となりました。対象となるのは令和2年8月1日以降に生まれたお子さんです。

ロタワクチンは注射剤ではなくて、飲むワクチンです。ワクチンは2回飲むワクチンと3回飲むワクチンの2種類あります。最初に受けたワクチンと同じ種類のワクチンで完了しましょう。どちらのワクチンをお使いいただいても、ロタウイルス胃腸炎に対して同様の予防効果があると考えられています。どちらのワクチンも初回接種は14週6日までに済ませましょう。

四種混合について

四種混合ワクチンとは

三種混合ワクチン(百日せき・ジフテリア・破傷風)に不活化ポリオワクチンが加わったワクチンです

四種混合ワクチン導入後の接種方法について

  • 四種混合ワクチンを計4回(初回3回追加1回)接種します

四種混合ワクチンの接種について

対象者
  • 生後3ヶ月から90ヶ月未満のお子さん

(三種混合ワクチン・ポリオワクチンのどちらもまだ接種していない方または完了していない方)

標準的な接種の開始年齢は生後3ヶ月~12ヶ月です。

四種混合ワクチンの標準的な接種スケジュール

三種混合ワクチン、不活化ポリオワクチンと同じ間隔になります。

1期初回接種:20日以上の間隔をおいて3回(標準的には20日~56日の間隔)

1期追加接種:初回接種終了後少なくても6か月以上、標準的に1年から1年半までの間隔をおいて1回

B型肝炎

B型肝炎ウイルスに感染した場合、十分な免疫状態であれば感染は一過性で済みます。しかし、免疫反応が不十分な状態のときに感染を受けると、ウイルスは長期間にわたって肝臓内に潜伏し続ける持続感染となり、慢性肝炎、肝硬変、肝細胞がんを発症してしまう場合があります。

小児のうちに予防接種をするほうが、抗体の獲得率が高いといわれています。

  • 平成28年10月1日から「定期接種」となりました。平成28年4月1日以降に生まれたお子さんが対象となります。
  1. 接種対象者:生後12か月~1歳未満
  2. 接種回数等:1回目接種後27日以上の間隔をあけて2回目を接種し、1回目接種後139日以上の間隔をあけて3回目を接種します。
  3. 接種方法:市内の指定医療機関で個別接種

MR混合ワクチン:麻しんと風しんの混合ワクチン

麻しんとははしかのことです。麻しん風しんの予防接種は、第1期・第2期での生涯2回接種します。2回

の接種によって抗体がつき、病気の発生を防ぐことができます。各期の対象者は次のとおりですので、対象年齢を確認し、早めに予防接種をお受けください。

麻しん風しんの予防接種対象者
  対象年齢 接種方法
第1期
生後12~24ヶ月未満 市内の指定医療機関で個別接種
第2期
小学校入学前の1年間(今年度は平成28年4月2日から平成29年4月1日生まれのお子さん)

接種期間:令和4年4月1日から令和5年3月31日まで

接種費用:市が負担しますが、接種期間を過ぎた場合は自己負担となります

二種混合(ジフテリア・破傷風混合)予防接種

二種混合予防接種は、幼児期に受けた三種混合ワクチン又は四種混合ワクチン接種の追加接種として実施します。

  1. 接種対象者:小学校6年生(今年度の対象は平成21年4月2日~平成22年4月1日生まれの方)にお知らせしています。小学校6年生を過ぎても13歳未満なら対象となります。
  2. 接種方法:市内の指定医療機関で個別接種
  3. 接種期間:令和4年4月1日~令和5年3月31日(※13歳の誕生日の前日までが期限となります)
  4. 接種費用:市が負担しますが、接種期間を過ぎた場合は自己負担になる場合もあります

水痘(水ぼうそう)

平成26年10月1日から「定期接種」となりました。

  1. 接種対象者:生後1歳~3歳未満
  2. 接種回数等:1回目接種後3か月以上(標準的には6か月~1年)の間隔をあけて2回目を接種
  3. 接種方法:市内の指定医療機関で個別接種

日本脳炎予防接種

日本脳炎の予防接種は、ワクチン接種後の重度の副作用が生じたため、国により、平成17年度から平成21年度まで接種をおすすめしていませんでした。その後、新しいワクチンが開発されて、接種年齢が緩和され、定期接種として受けることができるようになりました。現在は下記の対象児を優先に日本脳炎の予防接種が受けられるようになっています。

令和4年度に接種をお知らせする年齢

1期初回(2回)

3歳
1期追加 4歳、5歳

2期

18歳(高校3年生相当)にお知らせします

標準的な接種スケジュール

平成19年4月2日以降に生まれたお子さん】

接種期間:生後6ヶ月~生後90ヶ月(7歳半)に至るまでの間

1期初回接種(2回):3歳になったら6日以上の間隔をあけて(標準的には6日から28日の間隔をあけて)2回接種する

1期追加接種(1回):2回目から6か月以上(標準的にはおおむね1年)あけて1回

2期接種(1回):9歳~12歳(13歳未満)に1回

【平成19年4月2日から平成21年10月1日までの間に生まれたお子さんだけの特例】

9歳~12歳の2期接種の期間に限って、1期の不足分がある場合は不足分も定期接種として公費で受けることができます。(13歳のお誕生日の前日までが対象期間です)

特例対象者の接種スケジュール

特例対象者:【平成19年4月1日までに生まれた20歳未満の方】

接種期間:20歳の誕生日前日までの間は公費で接種できます

1期初回接種(2回):6日以上の間隔をあけて(標準的には6日から28日あけて)2回接種

1期追加接種(1回):2回目から6か月以上あけて(標準的にはおおむね1年後)1回

2期(1回):9歳以上の方が1期終了後5年程度の間隔をおいて接種が望ましいとされていますが、特例対象者は3回目の接種の翌日から数えて少なくても6日以上の間隔をおいて接種します。

母子健康手帳を確認して、1期3回の接種が完了していない場合は、早い時期に不足分の接種を受けることをおすすめします。

市内の予防接種実施医療機関

個別予防接種実施医療機関一覧(PDF:134KB)をご覧ください。(別ウインドウで開きます)

市外医療機関で予防接種を受ける場合

やむを得ない事情で市外で予防接種を受ける場合は、手続が必要です。市外医療機関宛に依頼書の提出が必要になりますので、必ず事前に手続きをしてください。先に接種してしまうと助成が受けられない場合があります。

栃木県内の市外の医療機関で定期予防接種を希望するとき

平成25年4月より、栃木県は「栃木県内定期予防接種相互乗り入れ事業」を実施しています。この事業に協力している医療機関の協力医師のもとでは、日光市の予診票または専用の予診票を使用して、日光市内医療機関で接種するのと同様に支払無しで接種することができます。(医師により接種可能な予防接種の種類が異なりますのでご注意ください。)ご希望の方は、事前に健康課にご連絡ください。

接種予約時は、栃木県内相互乗り入れ事業に参加しているかを事前に接種を希望する医療機関へお問合せいただくか、健康課でも確認できますのでご連絡ください。

  • 接種時の持ち物:母子健康手帳、健康保険証、日光市こども医療費受給資格者証

栃木県内定期予防接種相互乗り入れ事業に参加している医療機関については、栃木県医師会のホームページ(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)をご覧ください。(別ウインドウで開きます)

県外または栃木県内定期予防接種相互乗り入れ事業に参加していない市外の医療機関で定期予防接種を希望するとき

栃木県内の市外の医療機関で、「栃木県内定期予防接種相互乗り入れ事業」に参加していない医療機関で接種する場合、または栃木県外の医療機関で接種を希望する場合は、事前に申請が必要です。医療機関宛の依頼書を作成しますので、必ず事前に手続きをしてください。必要書類を持参して接種し、接種費用は全額お支払してください。助成申請書を提出していただいた後に、助成金を振込いたします。手続きをしないで先に接種してしまうと助成が受けられませんのでご注意ください。

子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症予防ワクチン)について

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)についての経緯について

  • 平成25年6月14日、国から子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種の積極的な勧奨(接種をおすすめすること)を差し控えるようにとの勧告が出されました。これは、ワクチンと持続的な激しい痛みなどの副作用との因果関係が否定できないため、発生頻度等について国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を勧奨すべきではない、というものです。
  • 令和2年10月9日には、勧告の一部が改正され、定期接種の対象者及びその保護者に、定期接種として公費で接種できるワクチンの一つとしてHPVワクチンがあることを知っていただくとともに、接種について検討・判断するためのワクチンの有効性・安全性に関する情報や接種を希望する場合に、接種について必要な情報を届けることを目的として、定期接種に関する情報を提供することとなりました。
  • その後、令和3年11月26日付厚生労働省通知「ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種の今後の対応について」においては、国の審議会において、ワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを上回ると認められたことから、積極的勧奨の差し控え等の勧告を終了させることが妥当とされ、令和4年度から積極的勧奨を再開することが示されました。

令和3年11月26日付厚生労働省通知「ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種の今後の対応について」(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)

日光市の対応

令和4年度からの積極的な接種勧奨再開の通知を受けて、日光市では接種の対象となる方とその保護者様宛に、個別通知を順次発送してまいります。子宮頸がんワクチンはヒトパピローマウイルス(HPV)感染症を予防するワクチンです。子宮頸がんとヒトパピローマウイルスとの関係や、ワクチン接種の効果や接種による副反応などの情報を記載したリーフレットをご参照ください。

厚生労働省では、子宮頸がん予防ワクチン接種についての相談電話を開設しています。

令和4年4月1日から電話番号が変わりました。

  • 050-3818-2242(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで受付)

子宮頸がん予防ワクチンについての栃木県のホームページ(外部サイトへリンク)もご覧ください。(別ウインドウで開きます)

子宮頸がん予防ワクチンについての厚生労働省のホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)

接種を受けられる医療機関

子宮頸がん予防ワクチンのキャッチアップ接種について

キャッチアップ接種とは

子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年度から令和3年度までは積極的接種勧奨が差し控えられていましたが、令和4年度から積極的な接種勧奨が再開されることになりました。

積極的な勧奨が差し控えられていた期間に、定期接種の対象年齢を過ぎてしまった方を対象に、無料で接種することができる機会を設けることになりました。これをキャッチアップ接種と呼んでいます。

令和4年度キャッチアップ接種の対象者と実施期間

  • 平成9(1997)年4月2日から平成18(2006)年4月1日までに生まれた女子
  • 令和4年4月1日~令和7年3月31日の3年間

キャッチアップ接種についての最新情報等

接種を受けられる医療機関

子宮頸がん予防ワクチンを自費で接種した方への接種費用の助成について

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な勧奨を差し控えていたことにより、定期接種として子宮頸がん予防ワクチンを受ける機会を逃した方で、定期接種の対象年齢(小学校6年生から高校1年生相当まで)を過ぎて、自費で子宮頸がん予防ワクチンの接種を受けた方に、接種費用を助成します。

対象者

対象となるのは、次の1から3のすべての条件を満たす方です。

  1. 平成9年(1997年)4月2日から平成17年(2005年)4月1日の間に生まれた女子であること
  2. 令和4年4月1日時点で日光市に住民登録があること
  3. 定期接種の対象年齢を過ぎて、令和4年3月31日までに日本国内で子宮頸がん予防ワクチンの接種を受けて、その費用を自費で支払っていること
  • (注意)定期接種の対象年齢とは、小学校6年生から高校1年生相当です。16歳となってから初めての3月31日までが期限です。

助成額

接種を受けた医療機関に対して支払った接種費用

ただし、日光市が定める子宮頸がん予防ワクチンの定期接種に係る助成限度額を上限額とします。

(注意)医療機関までの交通費、宿泊費、医療機関で発行してもらう証明書に係る費用は助成の対象にはなりません。

助成対象となるワクチン

2価(サーバリックス)又は4価(ガーダシル)ワクチン

(注意)定期接種の対象となっていない9価ワクチン(シルガード9)は助成の対象とはなりません。

助成申請に必要となる書類等

  • 申請書(様式第1号)(PDF:180KB)(別ウインドウで開きます)
  • 接種を受けた方の住所・生年月日が確認できる書類の写し
  • 接種費用を支払ったことを証明する書類(領収書及び明細書、支払証明書など)の原本
  • 接種記録を確認できる書類(母子健康手帳、接種済証など)の写し
  • 振込希望金融機関の通帳の写し

紛失などにより、接種費用を支払ったことを証明する書類を添付できない場合は添付不要です。この場合助成額は市が定める金額となります。

接種記録を確認できる書類がお手元に無い場合は、接種を受けた医療機関で償還払い申請用証明書(様式第2号)(PDF:86KB)(別ウインドウで開きます)を記入してもらって添付してください。

申請方法

郵送又は健康課の窓口に持参してください。

(注意)各行政センターや各地区センター、出張所では取扱っていません。

申請できる期限

令和7年3月31日まで

任意接種

予防接種を受ける方または保護者と医師との相談によって判断し、行われるものです。

任意(法定外)予防接種はすべて医療機関での個別接種です。任意の予防接種ですので、接種を希望する方は予防効果や副作用についてご理解の上で接種してください。

おたふくかぜ

おたふくかぜワクチンの助成は、令和2年4月1日から費用の一部助成となりました。5,000円までは日光市が助成しますので、5,000円をこえる場合には差額は保護者様の負担となります。

おたふくかぜとは

おたふくかぜは、ムンプスウイルスによって起こる急性疾患で、飛沫感染後、増殖したウイルスは全身に広がります。耳下腺の腫れを特徴とするため「流行性耳下腺炎」とも呼ばれ、後遺症として感音性難聴がみられることがあります。

費用助成対象年齢

  • 1歳~年長児のお子さん
  • ただし、今までにおたふくかぜワクチンを接種したことがあるお子さんとおたふくかぜにかかったことがあるお子さんは対象となりません。

助成金額

5,000円(一部助成)

くわしくは

おたふくかぜワクチン予防接種費用一部助成についてのチラシ(PDF:418KB)をご覧ください。(別ウインドウで開きます)

おたふくかぜワクチン予防接種は任意接種です。受ける前の注意事項(PDF:304KB)を必ずお読みください。(別ウインドウで開きます)

生活保護受給世帯の場合は、全額市が助成します。受ける前に申請が必要となります。

日光市法定外予防接種費全額助成申請書(PDF:80KB)(別ウインドウで開きます)

その他予防接種費用助成

 

区分

対象年齢

回数

助成額

(1回につき)

 
 

 

 

高齢者肺炎球菌

くわしくは、広報にっこうと一緒に配布する紫色のチラシをご覧ください。

希望する方は市に申込みが必要です

  • 令和5年3月31日現在年齢が65歳以上の方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)で定期接種に該当しない
  • 60歳から65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能にまたはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいがある方(身体障害者手帳1級相当)で、今までに肺炎球菌ワクチンをうけて5年以上が経過している方

再接種するには、前回の接種から5年以上経過していることが条件です

一部助成

4,000円

インフルエンザ(小児)

実施期間は毎年10月から翌2月までです

くわしくはインフルエンザ予防接種についてのページをご覧ください

  • 接種当日に満1歳~小学校6年生
2回

一部助成

2,000円

インフルエンザ(中学生、高校生相当)

実施期間は毎年10月から翌2月までです

くわしくはインフルエンザ予防接種についてのページをご覧ください

令和4年度の対象者

  • 平成19年4月2日~平成22年4月1日生まれ(中学生)
  • 平成16年4月2日~平成19年4月1日生まれ(高校生相当年齢)

 

1回

一部助成

2,000円

市内の予防接種実施医療機関

個別予防接種実施医療機関一覧(PDF:117KB)をご覧ください。(別ウインドウで開きます)

市外の医療機関で任意予防接種を希望の場合(インフルエンザ以外は事前の申請が必要)

市外で任意予防接種を受ける場合は事前に申請が必要です。市外医療機関宛に依頼書の作成が必要になりますので、必ず事前に手続きをしてください。先に接種してしまうと助成が受けられません。接種費用は全額お支払をしてください。助成申請書を提出していただいた後に助成金を振込みます。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:健康福祉部健康課健康推進係

電話番号:0288-21-2756

ファクス番号:0288-21-2968

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?