観光の情報 > 歴史・文化 > 世界遺産日光の社寺 > 日光の社寺 > 「世界遺産サミット」開催について

ここから本文です。

更新日:2020年4月24日

「世界遺産サミット」開催について

世界遺産サミットとは、世界遺産が所在する自治体の首長等が一堂に会し、世界遺産の保全や観光面における活用について意見交換し、地域間の連携を深めるとともに、世界遺産の魅力を広く発信するものです。

「日光の社寺」世界遺産登録20周年記念第6回世界遺産サミット~世界遺産の保存活用と地域連携~

世界遺産「日光の社寺」は、2019年12月で登録20周年を迎えました。「日光の社寺」世界遺産登録20周年を記念した「第6回世界遺産サミット」が令和元(2019)年11月21日・22日に開催されました。

開催日程

1日目は分科会、2日目はサミット会議が下記の通り開催されました。

11月21日

分科会(日光二荒山神社・日光東照宮・日光山輪王寺)

  • 第1分科会

会場:日光二荒山神社客殿
テーマ:世界遺産の保存継承~木造建築物を受け継ぐための伝統技術~

  • 第2分科会

会場:日光東照宮客殿
テーマ:東日本における世界遺産連携

  • 第3分科会

会場:日光山輪王寺紫雲閣
テーマ:新たな“旅”や“観光”と地域づくり

11月22日

世界遺産サミット会議(道の駅日光「日光街道ニコニコ本陣」)

  • 事例発表

発表者:日光ユネスコ協会
テーマ:日光ユネスコ協会の世界文化遺産「日光の社寺」保護事業活動について

  • 基調講演

講演者:デービット・アトキンソン氏(日光市政策専門委員、小西美術工藝社会長兼社長)

  • 分科会発表

第1分科会/河東義之氏(小山工業高等専門学校名誉教授)
第2分科会/井戸智樹氏(「世界文化遺産」地域連携協議会お世話役)
第3分科会/岡井健氏(日光門前まちづくり理事長)

  • 首長会議

大嶋一生氏(日光市長)
服部征夫氏(東京都台東区長)
須藤秀忠氏(富士宮市長)
髙馬豊勝氏(姫路市副市長)
船木三紀夫氏(大田市教育長)

世界遺産サミット記録集

第6回世界遺産サミットの要旨をまとめた記録集を作成しました。

「日光の社寺」世界遺産登録20周年記念第6回世界遺産サミット記録集(PDF:5,698KB)(別ウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:観光経済部観光課観光交流推進係

電話番号:0288-21-5196

ファクス番号:0288-21-5121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?