ホーム > 防災・安全 > 放射能・放射線 > 放射能関連情報(放射線量測定結果など) > 農林水産物の放射性物質自主検査について

ここから本文です。

更新日:2021年6月14日

農林水産物の放射性物質自主検査について

日光市では、放射性物質に対する市民の皆さまの安全・安心に対する不安の解消を図るために、市内3施設に放射性物質分析装置を導入して農林水産物の自主検査を無料で行っています。検査には1kgのサンプル量を必要としていましたが、分析装置をバージョンアップしたことにより、平成28年6月23日から500gで検査ができるようになりました。

 

自主検査の概況

平成30年度に市が実施した、出荷販売を目的としない農林水産物等の放射性物質自主検査件数は、382件でした。
そのうち、基準値(一般食品については、100ベクレルキログラム)を超過した物は53件(13.9パーセント)でした。これは、野生の山菜などが多く持ち込まれているためです。

 

基準値の超過があった農林水産物について

日光市産の農林水産物のうち、基準値を超過したのは「野生のきのこ」や「野生の山菜類」、「シカ肉などの野生生物」でした。これらは国や県から出荷制限・自粛の指示が出ています。くわしくは県のホームページをご確認ください。(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)

出荷制限・自粛の指示が出ている農林水産物を採取する際には十分注意いただくとともに、不用意な放射性物質の摂食を避けるためにも、検査をして安全性を確認したうえでご利用されますようお願いいたします。

お問い合わせは:観光経済部農林課農政係

電話番号:0288-21-5171

 

年度ごとの自主検査結果

 

検査の流れ

受付

検査を希望される方は、下記申込先1~3のいずれかへ申し込んでください。サンプル数は、申込者1人につき2点までとします。

申込・搬入先

  1. 日光ブランド情報発信センター放射線量測定室
    電話:080-2676-1608
    日光市瀬川844番地(日光だいや川公園内)
  2. 日光行政センター1階(地域振興・防災係内)放射性物質測定室
    電話:0288-54-1112
    日光市御幸町4番地1
  3. 藤原行政センター1階(地域振興・防災係内)放射性物質測定室
    電話:0288-76-4100
    日光市鬼怒川温泉大原1406番地2

受付時間

月曜日から金曜日(祝日は除く)の午前9時から午後5時まで

日光ブランド情報発信センター放射線量測定室に限り、11月から2月の期間は午後4時まで

サンプルの搬入

サンプルは、指定された日に各測定室へ搬入するとともに、「放射性物質分析の同意及び申込書」(様式1)を提出する。前処理が必要なサンプルについては、前処理を行ったうえで搬入する。(申込書は各測定室にもあります。)

注意点

  • サンプルは、氏名を記入した透明なビニール袋に入れ、申込時に指定された日時に測定室へ搬入する。
  • 検査に必要なサンプルの重量は、可食部で500g以上

分析

搬入されたサンプルをNaIシンチレーションスペクトロメーターにより分析する。

結果の通知

測定室が「放射性物質検査結果通知書」を検査依頼者へ通知します。

その他

  • 分析費用は無料です。
  • この検査は簡易の自主検査であるため、検査機器には測定誤差があることをご了承ください。
  • 市場に流通する『販売目的』の農林水産物については、市では検査をできません。県が定期的に『モニタリング検査』を実施して安全性を確認しています。くわしくは県のホームページをご確認ください。(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:観光経済部農林課農政係

電話番号:0288-21-5171

ファクス番号:0288-21-5575

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?