ホーム > 市政情報 > 組織案内 > 観光経済部 > 農林課 > コイヘルペスウイルス病のまん延防止の徹底について

ここから本文です。

更新日:2020年10月6日

コイヘルペスウイルス病のまん延防止の徹底について

令和2年10月2日に栃木県なかがわ水遊園内の大池においてコイヘルペスウイルス病の発生が確認されました。

下記事項を順守していただき、コイヘルペスウイルス病まん延防止の徹底にご協力お願いいたします。

コイヘルペスウイルス病について

コイヘルぺスウイルス病はコイ特有の病気で、コイ(マゴイ、ニシキゴイ)以外の魚には感染しません。

コイがこのウイルスに感染すると、目立った外部症状は少ないのですが、動きが緩慢になり、エサをうま<とれな<なります。さらに、エラが退色してただれ、最終的に死亡する率が高い病気です。

人に対して

コイヘルペスウイルス病は、人に感染することはありません。

仮に感染した魚を食べても人体への影響はありません。

コイヘルペスウイルス病のまん延防止のために

次の点にご協力ください。

  • 川や池などで釣ったコイを持ち出して他の川や池などに放流しないでください。
  • 自宅などで飼育しているコイや弱ったコイを、川や池などに放流しないで<ださい。
  • コイを調理した後の残渣や死んだコイは、川や池などに捨てず、一般廃棄物の生ごみとして処分して<ださい。
  • 川や池などでコイの大量死や、異常が見られた場合は、下記の関係機関へ連絡して<ださい。

 

関係機関名

電話番号

栃木県農村振興課水産資源担当 028-623-2351
栃木県水産試験場 0287-98-2888
日光市観光経済部農林課 0288-21-5171

お問い合わせ

所属:観光経済部農林課農政係

電話番号:0288-21-5171

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?