ホーム > 防災・安全 > 防犯・交通安全・消費生活 > 消費生活 > 事故防止等の注意喚起 > 電力の小売全面自由化が始まります!~契約のトラブルに気をつけましょう~

ここから本文です。

更新日:2019年7月24日

電力の小売全面自由化が始まります!~契約のトラブルに気をつけましょう~

4月1日から始まった電力の小売全面自由化により、家庭や商店などはさまざまな事業者の中から、契約先(電力の購入先)を自由に選択することができるようになりました。電力の購入契約を締結する際には、トラブルに遭わないためにも、事業者との契約はよく理解してから行うようにしましょう。

相談事例

  1. 知らない電力会社から「電気を安くできる」と電話があったが本当か。「料金が必ず安くなる」といった勧誘には注意し、自分で電力の小売自由化に関する情報を収集しましょう。小売電気事業者は登録制です。登録されている事業者か確認し、自分の居住地域が該当事業者の供給地域になっているかも確認しましょう。
  2. 電力自由化前に太陽光発電システムを設置し売電すればもうかると電話があった。電力小売自由化に便乗した太陽光発電システムの契約をはじめ、プロパンガス、蓄電池などの勧誘が行われています。電力小売自由化に直接関係ない契約は、その必要性についてよく考えましょう。

問い合わせ

電力小売自由化の制度や小売電気事業者の登録について

経済産業省専用ダイヤル電話番号:0570-028-555

契約などのトラブルについて

電力取引監視等委員会相談窓口電話番号:03-3501-5725

日光市消費生活センター電話番号:0288-22-4743

 

経済産業省資源エネルギー庁ホームページ「電力小売全面自由化」(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)

 

 

 


お問い合わせ

所属:市民環境部環境生活課生活安全係

電話番号:0288-21-5112

ファクス番号:0288-21-5128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?