ホーム > 防災・安全 > 防犯・交通安全・消費生活 > 消費生活 > 消費者行政に関する市長の意思表明

ここから本文です。

更新日:2021年3月2日

消費者行政に関する市長の意思表明

今、新しい生活様式の中、インターネットショッピングでのトラブルの相談が増えています。インターネットはとても便利ですが、その被害は増加傾向にあり、その手口も複雑化・巧妙化しています。また、地球温暖化などの環境問題、食品ロスなど、消費者一人一人の行動が問われる時代となっています。

 

日光市におきましては、消費者被害の未然防止、拡大防止のために、消費生活センターを開設しています。センターでは専門知識を持った消費生活相談員が市民の皆様からの消費生活に関する相談に応じ、複雑多様化する相談の解決に向け、助言やあっせん等の相談業務の充実や消費者教育の推進に努めているところです。

 

並びに、消費者の権利の尊重と自立の支援を基本理念とした消費生活条例の定めに基づき平成29年度に「日光市消費生活基本計画」を策定し、より一層、市民の消費生活の安定と向上を図っております。

 

今後も引き続き、市民の皆様の安全・安心な消費生活の実現を図るため、消費者行政の充実に取り組んでまいります。

 

令和3年3月

 

日光市長大嶋一生

 

 

 

 

お問い合わせ

所属:市民環境部環境生活課生活安全係

電話番号:0288-21-5112

ファクス番号:0288-21-5128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?