ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > ヘルプマーク・ヘルプカードをご存知ですか

ここから本文です。

更新日:2021年7月15日

ヘルプマーク・ヘルプカードをご存知ですか

市では、障がいのある人やなんらかの理由で支援が必要な人に対して、日常生活の中で困った際や、災害時に周囲の人からの支援や配慮を、必要なとき適切な支援が受けられるよう、また、支援をする人も必要な人に対して適切に支援ができるように、お申し出により、窓口でヘルプマーク・ヘルプカードの配布を行っています。

ヘルプマークとは

外見からは分かりにくくても配慮や支援を必要としている方々が、周囲の方に知らせるために、カバンなどに着けてお使いいただけます。必要に応じてカードの片面に付属のシールを貼ることができ、シールには伝えたい情報を記入することができます。

herupuma-ku

ヘルプカードとは

日常生活や、緊急時・災害時に発生する困りごとを、周囲に伝えることが難しい人もいます。いざというときに、必要な支援や配慮を周囲の人にお願いするためのカードです。

helpcard

ヘルプマーク・ヘルプカードを見かけたら

助けたいけれど何をしたらよいか分からない人もいます。

ヘルプマーク・ヘルプカードを持つこと・見ることで、その人にあった支援や配慮をすることができます。あなたの周りで、ヘルプマークを見かけたり、ヘルプカードを提示されたら、その記載内容にそった支援をお願いします。

普段の生活の中で、障がいのある人が困っていたら

1.まず、「どうしましたか?」「何かお手伝いすることはありますか?」と声をかけてあげてください。

2.相手に伝わっているか確認しながら、ゆっくり話してあげてください。

3.ヘルプカードの提示があったら、記載内容を確認してください。そして、相手が求める支援を行ってください(※カード裏面の「私が手伝ってほしいこと」をご覧ください)。

(注意)ヘルプカードが提示できない様子であれば、「ヘルプカードを持っていますか?」と確認してみてください。

災害が発生した際、避難が必要な時に、危険を察知していない人や動けない人がいたら

1.ゆっくり、具体的に状況を伝えあげてください。

2.ヘルプカードに連絡先が記載されているときは、連絡をお願いします。

避難所で過ごすとき、困っているような人を見かけたら

1.ヘルプカードを持っているか確認し、提示があったら記載内容にそった支援や配慮をお願いします。

緊急の時に、パニックや発作などをおこしている人を見かけたら

1.まずは短い言葉で、やさしく声をかけてげてください。

2.ヘルプカードには、パニックや発作の際にどうしてほしいか書いてあります。まわりの人と協力して対応をお願いします。

配布対象者

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神保健福祉障害者手帳をお持ちの方
  • 指定難病患者(一般・小児)受給者証をお持ちの方
  • その他ヘルプカードを必要とする方

配布場所

  • 市役所社会福祉課障がい福祉係(今市)
  • 各行政センター市民サービス係(日光、藤原、栗山、足尾)


 

お問い合わせ

所属:健康福祉部社会福祉課障がい福祉係

電話番号:0288-21-5174

ファクス番号:0288-21-5105

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?