ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 合理的配慮の提供の支援に係る助成制度

ここから本文です。

更新日:2021年6月17日

合理的配慮の提供の支援に係る助成制度

概要

障がいを理由とする差別の解消を推進するため、『障がいのある人への配慮』をするために必要な費用を助成いたします。

【参考】障がい者差別解消法パンフレット

表紙(PDF:164KB)(別ウインドウで開きます)

2ページから3ページ(PDF:298KB)(別ウインドウで開きます)

4ページから5ページ(PDF:289KB)(別ウインドウで開きます)

6ページから7ページ(PDF:295KB)(別ウインドウで開きます)

裏表紙(PDF:140KB)(別ウインドウで開きます)

制度の対象者

  • 飲食店や小売店など民間の事業者
  • 自治会
  • 広く市民が参加できるイベント等の運営団体

助成の対象となるもの

助成の対象となる経費は、事業者等が日光市内において行う、障がいのある人への合理的配慮の提供に必要な経費のうち、次のような経費です。(全額助成ですが、上限額があります。)

なお、次の経費ごとに年度内1申請に限ります。

 

【コミュニケーションツール作成費】限度額:5万円

  • 点字メニュー作成費
  • コミュニケ-ションボード作成費など

【物品購入費】限度額:10万円

  • 筆談ボード
  • 折りたたみ式スロープ
  • 車椅子昇降機など

【手話通訳者・要約筆記者の派遣費用】限度額:3万円

  • イベントや講演会などにおいて手話通訳・要約筆記者を配置する場合など

制度利用の方法

  • 制度利用の手順

1.相談・申請

2.決定・通知

3.購入・実施

4.完了報告

5.交付額決定

6.請求・交付

制度利用に必要な書類

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:健康福祉部社会福祉課障がい福祉係

電話番号:0288-21-5174

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?