ホーム > くらし・手続き > 戸籍・住民票・証明 > 通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)

ここから本文です。

更新日:2021年4月8日

通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバーカードをお持ちでない方に対し、交付申請書が順次送付されます

マイナンバーカードをお持ちでない方に対し、令和3年1月から3月にかけて順次、総務省からマイナンバーカード交付申請書(封書)が送付されます。この申請書は世帯単位ではなく、各個人に送付されます。「地方公共団体情報システム機構(J-LIS)」から皆様のご自宅に送付されますので、交付申請書類等の差出人が地方公共団体情報システム機構となっていることをご確認ください。

尚、今回の一斉送付について、以下に該当する方は、別の機会で送付や案内が予定されていますので対象外となっています。

  • 75歳以上の方(後期高齢者医療制度の保険証更新時に併せて送付される見込みです)
  • 令和2年1月1日以降に出生または海外から転入された方(手続き以後に交付申請書が郵送されてきているため)
  • 在留期間の定めがある外国人住民の方(地方出入国在留管理局でお知らせを行っているため)

今回の一斉送付について詳しくはこちら(外部サイトへリンク)をご覧ください。マイナンバーカード総合サイト(J-LIS)へジャンプします。

マイナンバー(個人番号)通知カードは令和2年5月25日より廃止となりました。

マイナンバー(個人番号)をお知らせする「通知カード」は、平成27年10月下旬頃より、全国市町村で発行を委任している、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)から、順次郵送されましたが、令和2年5月25日をもって廃止となりました。

廃止に伴い、住所や氏名等に変更が生じた場合、通知カード裏面に変更後の情報を記載することができなくなりました。通知カードに記載されている住所・氏名等が住民登録の情報と違っている場合は、マイナンバーを証明する書類としての効力を失ってしまいますので、該当する方はマイナンバーカードの作成をお勧めします。

経過措置として、通知カードに記載されている氏名・住所等が実際の住民登録情報と一致している方については、今後もマイナンバーを証明する書類として通知カードを使用することができます。

令和2年5月25日以降に生まれたお子様や、日本で初めて住民登録をする外国人住民の方については、住民登録から約1か月後に通知カードに代わる「個人番号通知書」が送付されます。

通知カード

  • 12桁のマイナンバー(個人番号)を通知する紙製のカードで、マイナンバー(個人番号)と氏名・住所・生年月日・性別が記載されます。
  • 顔写真は掲載されないため、身分証明書としては使用できません。使用する場合は、他の身分証明書類と併せて提出する必要があります。
  • 通知カードは、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付を受ける際、返却していただく必要があります。紛失されている場合はカード交付の際、通知カード紛失届を提出していただきます。

通知カード(サンプル)

tuuticardsample

通知カードを紛失された方

これまでは通知カードを紛失された場合、有料(500円)にて再交付申請を受け付けていましたが、令和2年5月25日に通知カードが廃止されたことにより、再交付を受けることができなくなりました。通知カードを紛失された場合は、マイナンバーカードの作成をお勧めします。

また、早急にマイナンバーが記載された書類が必要な場合は、住民票の写しにマイナンバーを記載して発行することができますので、市窓口までお問い合わせください。

 

マイナンバーカード(個人番号カード)

  • ICチップのついたカードの表面に、氏名・住所・生年月日・性別・有効期間・顔写真が掲載され、裏面にマイナンバー(個人番号)が記載されます。
  • 本人確認のための身分証明書として利用できます(転入や転居等で住所や氏名等に変更があった場合は、券面事項の更新が必要になりますので、市窓口までおこしください)。また、ICチップ内に電子証明書が内蔵されており、コンビニ交付やe-Tax(国税電子申告・納税システム)などの各種電子申請が行えます。

電子証明書についての詳細は、公的個人認証サービス(電子証明書)のページをご覧ください。

コンビニ交付についての詳細は、コンビニ交付のページをご覧ください。

住所や氏名等に変更のあった場合の手続きについて

  1. 日光市外からの転入の場合は、転入届のページをご覧ください。
  2. 日光市内での転居の場合は、転居届、世帯変更届のページをご覧ください。
  3. 婚姻届等の戸籍届出による氏名変更の場合は、戸籍のページをご覧ください。
  • カードの有効期限は、20歳以上の方はカードの発行日から10回目の誕生日、20歳未満の方は5回目の誕生日までです。
  • マイナンバーカードは、通知カードと一緒に送付された交付申請書で申請することができ、初回に限り無料で取得できます。取得は任意(希望される方)です。
  • マイナンバーカードを取得すると、通知カードは市に返却しなくてはなりません。(マイナンバーカードと通知カードを同時に両方持つことはできません)。通知カードを紛失した場合は紛失届を提出していただきます。

 

マイナンバーカード(個人番号カード)

mynumbercardsample

マイナンバーカードの申請方法

マイナンバーカードは、申請された方に無料(再交付は有料)で交付します。通知カードに付随している「個人番号カード交付申請書」に記入し、顔写真を貼付のうえ、同封されていた封筒(切手は必要ありません)でカード発行機関に郵送していただくか、市窓口へ直接お越しください。封筒を紛失してしまった場合は、封筒をご用意いただき(この場合は切手が必要となります)下記住所に直接郵送いただいても構いません。

〒219-8650

日本郵便株式会社川崎東郵便局郵便私書箱第2号

地方公共団体情報システム機構

個人番号カード交付申請書受付センター

 

通知カードに付随している「個人番号カード交付申請書」

kouhusinseisyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 平成27年10月5日以降に、住所や氏名に変更のあった方は上記申請書は使用することができません。個人番号カードの取得を希望される場合は、市窓口にお越しいただき、申請をすることができます。
  • 上記申請書を紛失された方についても、市窓口にお越しいただき申請をすることができます。
  • 封筒の差出有効期限が平成29年10月4日となっていても、平成31年5月31日までは使用が可能となっています。
  • 申請書を紛失された場合は、市窓口や郵送で再発行することができますので、市民課までお問い合わせください。

マイナンバーカードの申請方法には次の2種類の方法があります。

1.市窓口に来庁して申請する

市窓口に来庁して申請する方法となります。下記の必要書類をご用意いただければ、カードが出来上がり次第、直接ご自宅に郵送(本人限定受取郵便)しますので、再度来庁いただく必要がありません。申請の際に本人確認書類の不足など、必要な書類が揃っていない場合は、カードが出来上がり次第交付通知書をご自宅にお送りしますので、必要な書類をお持ちの上、再度来庁いただきます。

申請が可能な市窓口

市民課、各行政センター市民サービス係、各地区センター、出張所

申請の際に必要なもの

  1. 通知カード(紛失された場合はその旨窓口で申し出てください)
  2. 個人番号カード交付申請書(平成27年10月5日以降に氏名や住所に変更のあった方は、その旨窓口で申し出てください。紛失された方も同様に申し出てください。)
  3. 顔写真(市民課及び各行政センター市民サービス係に限り、窓口で顔写真を撮らせていただくサービスも実施しています)
  4. 住民基本台帳カード(持っている方のみ)
  5. 本人確認書類
  • 免許証やパスポート、障がい者手帳、療育手帳、在留カードなど官公署発行の顔写真付き本人確認書類や、健康保険証や介護保険証、年金手帳、学生証や社員証などの書類の中から2点以上お持ちください。官公署発行の顔写真付き本人確認書類をお持ちの場合は必ずお持ちください。
  • 官公署発行の顔写真付き本人確認書類をお持ちでない場合、通知カードの有無等によって、カード受け取りの際に再度来庁いただく場合もありますのでご了承ください。

注意点

  • 申請時の来庁のみで、出来上がったカードをご自宅に郵送する場合、原則として申請時にご本人の来庁が必要となります。代理人による申請の場合は、施設への入所や入院等により来庁できない事の疎明資料及び申請者ご本人の顔写真付き本人確認書類が必要となります。

2.郵送やWEBで申請する

通知カードが送付された際に同封されていた封筒を使用して交付申請書を郵送する方法と、スマートフォンやパソコン等を利用し、WEB上の専用サイト(https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/index.html(外部サイトへリンク))から申請する方法があります。

用意する物

  • 郵送の場合
  1. 通知カードに付随していた交付申請書
  2. 顔写真(交付申請書に貼ってください)
  3. 通知カードが送付された際に同封されていた封筒

2の顔写真を1の交付申請書に貼り、3の封筒に入れて投函してください。(通知カードを一緒に送らないようご注意ください。)平成27年10月5日以降に氏名や住所に変更のあった方は、通知カードに付随していた交付申請書が無効になってしまうため、郵送での申請を行うことができません。市窓口まで申請にお越しください。

  • WEBの場合
  1. 通知カードに付随していた交付申請書に書かれた申請書ID
  2. 顔写真の画像データ(容量2MB以内)

平成27年10月5日以降に氏名や住所に変更のあった方は、申請書IDが無効になってしまうため、WEBからの申請を行うことができません。市窓口まで申請にお越しください。

カードの受け取り方法

郵送やWEBでの申請後、カードが出来上がりましたら、市から申請者のご自宅に交付通知書(ハガキ)をお送りいたします(申請から約1か月前後)。交付通知書がご自宅に届きましたら、以下の物をお持ちの上、交付通知書に記載されている交付場所までお越しください。

また、土曜日・日曜日・祝日も本庁市民課にて交付を行っています。休日の交付を希望する方は交付希望日の4日前までにお手元に交付通知書(ハガキ)をご用意の上、市民課(21-5111)までお電話ください。

カード受け取りの際に必要なもの

  1. 自宅に届いた交付通知書
  2. 通知カード(紛失された場合はその旨窓口で申し出てください)
  3. 本人確認書類
  • 免許証やパスポート、障がい者手帳など官公署発行の顔写真付き本人確認書類や、健康保険証や介護保険証、年金手帳、学生証や社員証などの書類の中から2点以上お持ちください。顔写真付きの本人確認書類をお持ちの場合は必ずお持ちください。
  • 本人確認書類をお持ちでない場合、カードの受け取りができません。
  • カードの受け取りは原則としてご本人の来庁が必要となります。代理人による受け取りの場合は、施設への入所や入院等により来庁できない事の疎明資料及び申請者ご本人の顔写真付き本人確認書類が必要となります。申請者ご本人が顔写真付き本人確認書類をお持ちでない場合は代理人によるカード受け取りはできませんのでご了承ください。また、仕事により来庁できない、学生で市外に住んでいる等の理由では代理人によるカード受け取りはできません。

 

交付通知書

(表面の交付場所記載欄に目隠しシールが貼ってありますので必ず交付場所を確認してください)

交付通知書

 

マイナンバーカードを紛失された方

マイナンバーカードを紛失してしまった場合、速やかに下記までご連絡をお願いします。連絡していただくと、カードの利用が一時停止となります。

マイナンバー総合フリーダイヤル(無料)0120-95-0178

その後、カードが発見された場合の一時停止解除手続きや、カードの再交付申請(有料)をご希望の場合は、市窓口までお越しください。

暗証番号をお忘れになったり、ロックがかかってしまった方

マイナンバーカードの交付または申請時にお決めいただいた暗証番号を忘れてしまった場合や、暗証番号の誤入力等によりカードにロックがかかってしまった場合は、市窓口で暗証番号の初期化を行うことができます。

マイナンバーカードの再交付申請について

紛失等によりマイナンバーカードの再発行を希望される場合は、市窓口での申請となりますので、上記「1.市窓口に来庁して申請する」に準じた方法での申請となります。尚、再交付申請は原則有料となります(800円もしくは、電子証明書を搭載する場合は1,000円)。

お問い合わせ

所属:市民環境部市民課市民係

電話番号:0288-21-5111

ファクス番号:0288-21-5120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?