陽性者及び濃厚接触者の療養・待機期間について

令和5年5月8日以降、新型コロナ患者の外出自粛に関する法律上の規定はありませんが、他者への感染予防のため、以下の情報を参考にしてください。

外出を控えることが推奨される期間

  • 発症日を0日として5日間
  • 5日目に症状が続いていた場合は、症状軽快から24時間経過するまでの間
    (期間中にやむを得ず外出する場合は必ずマスクを着用しましょう。)

周りの方への配慮

10日間が経過するまではマスクを着用し、高齢者などのハイリスクの方との接触はなるべく控えましょう。

家族・同居者について

  • 法律に基づく外出自粛はありません。
  • 可能であれば部屋を分け、感染された方のお世話はできるだけ限られた方で行ってください。
  • 感染の可能性がありますので、感染された方の発症後5日間は体調に注意してください。
  • 外出の際は、手洗い等の手指衛生や換気等の基本的感染対策のほか、不織布マスクの着用や高齢者などのハイリスクの方と接触を控える等の配慮をお願いします。

以下は5月7日以前(5類移行前)の取扱いとなります。

療養期間について、以下のとおり見直しされました。詳しくは栃木県Q&Aをご覧ください。

症状のある方

症状のある方は発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快(解熱剤を使用せずに解熱し、呼吸器症状が改善傾向)後24時間(1日)経過したことが療養解除の要件となります。(人工呼吸器などによる治療を行った場合や入院している方、高齢者施設に入所している方は発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合に解除が可能です。)

有症状者の場合10日間経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

療養期間の例(症状のある方):
  例1 例2 例3 例4 例5 例6 例7
発症日 4月2日 4月3日 4月4日 4月5日 4月6日 4月7日 4月8日
解除日 4月10日 4月11日 4月12日 4月13日 4月14日 4月15日 4月16日
入院者等の場合:
  例1 例2 例3 例4 例5 例6 例7
発症日 4月2日 4月3日 4月4日 4月5日 4月6日 4月7日 4月8日
解除日 4月13日 4月14日 4月15日 4月16日 4月17日 4月18日 4月19日

無症状の方

無症状の方は検査をした日から7日間を経過したことが療養解除の要件となります。なお、5日目に検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、6日目に解除することができます。

無症状者の場合7日間経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

療養期間の例(無症状の方):
  例1 例2 例3 例4 例5 例6 例7
検査日 4月2日 4月3日 4月4日 4月5日 4月6日 4月7日 4月8日
解除日 4月10日 4月11日 4月12日 4月13日 4月14日 4月15日 4月16日

濃厚接触者の方

濃厚接触者の方は陽性者の感染可能期間内(発症2日前から)に陽性者と接触した日を0日として翌日から5日間を経過した場合、待機解除となります。

なお、陽性者と最終接触のあった日を0日目として翌日から2日目及び3日目に検査を行い、陰性であれば3日目から待機を解除することができます。

待機期間の例:
  例1 例2 例3 例4 例5 例6 例7
最終接触日 4月2日 4月3日 4月4日 4月5日 4月6日 4月7日 4月8日
解除日 4月8日 4月9日 4月10日 4月11日 4月12日 4月13日 4月14日

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 新型コロナウイルス対策センター 対策係
電話番号:0288-21-5154
お問い合わせフォーム
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?