ホーム > 市政情報 > まちづくり > 地域おこし協力隊 > 地域おこし協力隊員の募集

ここから本文です。

更新日:2020年11月13日

地域おこし協力隊員の募集

地域おこし協力隊員1名(足尾地域)を募集します!

 

足尾写真1.

活動する地域の紹介

【足尾地域】

日光市南西部にある山間部で、人口1,726人(令和2年11月1日現在)、過疎地域に指定され、隣接している群馬県との間を「わたらせ渓谷鐡道」が運行しています。

日本百名山の皇海山や渡良瀬川をはじめとする清流など豊かな自然に恵まれたこの地域は、かつて「銅山のまち」として近代産業の先駆けとなった地域です。1610年に銅山が発見されて以来、昭和48年2月までの約400年間、日本の産業を支える礎の一つとして栄えてきました。まちを歩くと「足尾銅山観光」をはじめとする産業遺産がいたるところで見られ、まち全体が博物館のような雰囲気です。煙害の歴史もありますが、近年、緑の再生のため積極的な取り組みが継続して行われており、現在では、豊かな自然の中で登山やハイキング、釣りなどのアクティビティを楽しむことができます。

足尾の山足尾の川

募集概要

募集人数

1名

活動内容

産業遺産を活用した地域活性化活動業務

現在、足尾地域は「産業遺産と環境のまち」として、産業遺産を活用した観光や環境学習に取り組んでいます。しかし、旅行形態が団体から個人、施設見学から体験型へとシフトしていく中で、今後、体験型観光を確立していく必要があります。

このような課題を踏まえたうえで、産業遺産等の地域資源を活用した地域活性化を図るため、以下に示す業務のいずれか、もしくは複数に取り組む活動を企画・実践していただきます。

 

  • 「足尾銅山観光」を主とした地域全般の産業遺産の活用
  • 国民宿舎「かじか荘」、わたらせ渓谷鐡道と連携したツアーガイド
  • 渡良瀬川をはじめとする自然を活用した体験型観光の企画
  • 足尾地域における観光情報発信のためのホームページの作成

活動内容については、任用後、市と協議のうえ決定します。

上記業務以外において、地域活性化に向けた独自の提案がある場合は、その内容についても活動目標レポートに記載してください。

 

共通する業務として、以下の業務にも従事していただきます。

  1. コミュニティの維持に関する活動
  2. 住民の生活支援に関する活動
  3. 地域間交流等に関する活動
募集対象
  1. 令和3年4月1日現在で年齢18歳以上の方
  2. 現在、三大都市圏をはじめとする都市地域に在住し、採用後日光市の活動地域に生活の拠点を移し、住民票を異動できる方
  3. 普通自動車運転免許を有する方、又は令和3年3月31日までに取得見込の方
  4. パソコン(ワード、エクセルなど)の基礎的な操作ができる方
  5. 足尾地域の振興に意欲があり、地域との親交を深める意思のある方
  6. 任期終了後、活動地域への継続的な居住や関わりを前向きに検討できる方
勤務地

日光市役所足尾庁舎(栃木県日光市足尾町通洞8番2号)

勤務日数及び勤務時間
  1. 勤務日:原則として月、火、水、木、金(週5日間勤務)
  2. 勤務時間:原則として午前8時30分~午後4時30分(週35時間、休日・夜間の時間外勤務は代休対応とします。)
雇用形態及び活動期間
  1. 日光市の会計年度任用職員として日光市長が任命します。
  2. 活動期間は令和3年4月1日から令和4年3月31日までです。
  3. 令和4年4月1日以降の任用については、双方協議のうえ、当市で判断させていただきます。(最長で令和6年3月31日まで更新可)
報酬

月額176,580円

勤務年数によって昇給あり。通勤手当、期末手当を支給

待遇及び福利厚生
  1. 活動期間中の住居については市が用意します。
  2. 基本的な家電製品等(冷蔵庫、洗濯機、テレビ、電子レンジ、ガス台)については市が用意します(持ち込みも可能です)。
  3. 光熱水費については原則として隊員負担とします。
  4. NHK受信料とテレビ共聴組合加入金・年会費は市が負担します。
  5. 活動に使用する自動車(軽自動車を予定)とパソコンは市が貸与します。
  6. 健康保険、厚生年金、雇用保険に加入します。
  7. 年次有給休暇(年間20日間)、その他特別休暇を付与します。

活動以外の日常生活では、買い物等に自家用車等の移動手段が必要不可欠です。自家用車等の持ち込みをお勧めします。

応募方法
  • 応募受付期間
    令和2年11月13日(金曜日)から令和3年1月29日(金曜日)必着。郵送で受け付けます。なお、提出された書類は返却いたしません。
  • 提出書類
  1. 日光市地域おこし協力隊員応募用紙(ワード:35KB)(別ウィンドウで開きます)
  2. 履歴書(市販のもので可。直筆・写真添付)
  3. 活動目標レポート(A4、400字以上~800字以内程度で書式自由、パソコン可)

作成していただくレポートの内容

「『地域おこし協力隊』として採用された場合、足尾地域の概要と課題、活動内容を踏まえたうえで、あなたのこれまでの経験や知識、技能や特技を活かし、どのような活動をして、どのように活性化したいと考えているか。」

選考方法

1.面接試験

令和3年1月29日(金曜日)までに応募書類を提出いただいた方全員を対象に、令和3年2月7日(日曜日)に日光市役所本庁(栃木県日光市今市本町1番地)にて面接を行います。面接を行う時刻等の詳細については、応募締め切り後速やかにお知らせします。なお、面接に要する交通費等は個人負担とします。

(新型コロナ感染症の状況により、選考方法を変更する場合があります。)

 

2.選考結果

選考結果は、令和3年2月上旬~中旬に文書で通知します。なお、正式な採用決定通知は、日光市議会令和3年2月議会での令和3年度予算案議決後に通知します。

 

活動する地域を見にきませんか?

活動地域を知っていただくため、現地見学会を随時行います。

実際に活動する地域の様子を見ていただきながら、地域の特色などをご紹介します。

ご都合に合わせて随時開催しますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

1.集合場所

日光市役所足尾庁舎(栃木県日光市足尾町通洞8番2号)

2.内容(予定)

(1)地域おこし協力隊員募集の概要説明

(2)地域の概要説明・隊員の活動紹介

(3)地域の集落の様子をみながら、特色を説明

見学会は、現地集合・現地解散を予定しております。お車でお越しの際は十分ご注意ください。なお、最寄駅から現地まで市の車で送迎することも出来ますので、送迎を希望される場合は申込み時にその旨お知らせください。

3.申込方法

電話またはメールで、≪(1)希望日、(2)氏名、(3)住所、(4)電話番号、(5)性別、(6)見学会会場までの交通手段≫をお知らせください。

【電話】0288-21-5147(受付時間:土、日、祝日を除く8時30分~17時15分まで)

【メール】chiiki-shinkou@city.nikko.lg.jp

4.申込

随時受け付けます。※ご希望日の1週間前までにお申込みください。

5.その他

(1)参加費は無料ですが、会場までの交通費等は個人負担となります。

(2)現地見学会への参加は任意であり、採用試験への影響はありません。また、応募を強要するものではありません。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:地域振興部地域振興課地域振興係

電話番号:0288-21-5147

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?