ここから本文です。

更新日:2021年9月15日

入湯税

入湯税とは

入湯税は、鉱泉浴場(温泉浴場)における入湯行為に対して入湯客に課税する目的税です。(地方税法第701条及び日光市税条例第141条)

目的税とは、使いみちが決まっている税金のことをいいます。

入湯税の目的

環境衛生施設、鉱泉源の保護管理施設、消防施設などの整備、及び観光の振興(観光施設の整備を含む。)に要する費用に充てられます。

徴収(納税)の方法

入湯税の徴収は、特別徴収で徴収するよう定められています。

(特別徴収とは、鉱泉浴場の経営者等が、入湯客から施設利用料金とともに入湯税を徴収し、その徴収した税金を市に納入していただくことです。)

特別徴収義務者の義務

  • 入湯客から入湯税を徴収すること。
  • 徴収した入湯税を期限までに申告し、納入すること。
  • 毎日の入湯客数、入湯料金、税額などの必要な事項を帳簿に記載することなど。(帳簿は記載の日から、1年間保存する義務があります。)

納税義務者と特別徴収義務者

  • 納税義務者は入湯客で、鉱泉浴場でのすべての入湯行為に対して課税されます。
  • 特別徴収義務者は、鉱泉浴場の経営者等で市が指定します。

税率

宿泊を伴うもの(宿泊客)
1人1泊150円
宿泊を伴わないもの(日帰り客)
1人1日50円

 

申告と納税

鉱泉浴場の経営者は、毎月月末までに、前月分の入湯客数、徴収した税額、その他必要事項を記載した納入申告書を提出するとともに、納入金(入湯客から徴収した入湯税)を市に納入することになっています。

課税免除

課税が免除(宿泊・日帰り入湯客とも)されるのは次の方などです。

  • 年齢12歳未満の方
  • 共同浴場又は一般公衆浴場に入湯する方
  • 学校行事として行われる修学旅行の児童生徒

共同浴場:商売として経営される浴場ではないが、一般公衆浴場と同じ趣旨の下に利用されるもので、社宅・独身寮・療養所に付設された日常の用に利用されるもの

一般公衆浴場:公衆浴場法の営業許可を受けた公衆浴場で、いわゆる銭湯のことで、地域住民の日常生活に密接な関係を有し、住民の方が気軽に利用できる程度のもの

経営の申告

入湯税の使途状況

入湯税の使途状況については、下記をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:財務部税務課市民税係

電話番号:0288-21-5113

ファクス番号:0288-21-5128

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?