ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 学校に関する申請・手続き > 学校を変更したいとき(指定校の変更)

ここから本文です。

更新日:2018年8月9日

学校を変更したいとき(指定校の変更)

日光市教育委員会では、学齢児童生徒が就学するにあたって、通学時間・距離、学校の規模などを勘案して、あらかじめ小中学校の通学区域を設定し、就学すべき学校を指定していますが、児童生徒の個々の状況などにより、特例として就学指定校の変更を認めています。

就学指定校の変更が認められる例

  • 家屋の新築や家庭の都合で、住所が変わる予定がある場合
  • 身体の障がい等により、指定校へ通学することが困難な場合
  • 不登校傾向にあり、学校長の判断により他の学校が適当とされた場合
  • 仕事の都合により、児童が家に帰っても保護者が不在の場合(小学生のみ)
  • いじめや不登校が予測され、他の学校へ通学したい場合(ケースにより学校長の意見書等が必要になります)
  • 指定校への通学距離が長い場合や、通学路の安全が心配される場合
  • 指定校に希望する部活動が無い場合(中学生のみ、スポーツ少年団は対象外)
  • 兄弟姉妹が通学している場合
  • 何らかの理由により、住所が不安定な場合等

申請手続き

就学指定校の変更申請手続きをする際には、シャチハタ以外のご印鑑、変更事由に応じた必要添付書類を窓口へご持参ください。また、新入学予定者であって、すでに入学通知書がお手元に届いている場合には、入学通知書もご持参ください。

なお、必要添付書類については、変更事由によって書類の有無、種類が異なります。

仕事の都合により、児童が家に帰っても保護者が不在の場合を理由とする就学指定校変更申請の場合には、「児童預り証明書」及び保護者の「勤務証明書」をご持参ください。

また、家屋の新築や家庭の都合で、住所が変わる予定があることを理由とする就学指定校変更申請の場合には、予定住所が確認できる契約書の写し等をご持参ください。

この他の理由による就学指定校変更申請の場合の必要添付書類については、学校教育係までお問い合わせください。

申請時期

  • 在学生は随時受付け(事由発生後、速やかに手続きしてください。)
  • 新入学生は、入学する前年の9月1日以降受付け(相談は随時受けています。)

就学指定校変更の申請手続き及び相談窓口

  • 日光市役所第4庁舎3階学校教育課学校教育係電話番号:0288-21-5167

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:教育委員会事務局学校教育課学校教育係

電話番号:0288-21-5167

ファクス番号:0288-21-5185

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?