ホーム > 市の紹介 > 市の花・木・鳥・魚

ここから本文です。

市の花・木・鳥・魚

光市は、豊かな自然を持ち、世界に誇る多くの財産を有しています。特に日光杉並木は特別史跡、特別天然記念物に指定されており、市や市民の皆さんにとっては、特別な存在です。
のため、今回の選定にあたっては「スギ」を除くこととし、自然に囲まれた広大な日光市に数多く生息する生物、植物たちに目を向け、当市の四季を表現し自然の豊かさをアピールすること、そして市民の皆さんにとって身近で、親しみ深いことを考慮した上で、それぞれ2種ずつ選定しました。

市の花(SymbolFlower)

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ  

朝方に開花し、夕方にはしぼむ一日花です。霧降高原に群落し、花期には、山吹色の絨毯のように美しく咲きます。日光の地名を付けたニッコウキスゲ(日光黄菅)という名で呼ばれ、全国に広まっています。

ヤシオツツジ

ヤシオツヅジ 日光の山地を中心に広く分布しています。鮮やかなピンク色で春一番に咲き競い、弥生祭などの祭りと共に、日光に春の訪れを告げる花です。

市の木(SymbolTree)

モミジ

モミジ 日光市に多く自生し、秋の紅葉の美しさは、全国的に有名です。また広葉樹であり、その葉の形から旧市町村の5つの成長をイメージできます。

シラカンバ(シラカバ)

シラカンバ(シラカバ) 外側の樹皮が白色の美しい木です。小田代原には「貴婦人」と呼ばれるシラカンバもあり、その清楚な雰囲気から、青い空ときれいな空気の日光をイメージできます。

市の鳥(SymbolBird)

カワセミ

カワセミ 色鮮やかな美しい外見から、渓流の宝石と呼ばれ、漢字では「翡翠」と表記されます。自然環境の良い清流の川辺に住むため、清流の多い日光市に多く生息しています。

ウグイス

ウグイス 背中がオリーブ色の鳥で、市内全域で見られます。鳴き声が特に美しく、日本三鳴鳥の一つで、四季の鳥として春を象徴し、日光に春を告げます。

市の魚(SymbolFish)

ヒメマス

ヒメマス 中禅寺湖や川俣湖で放流が行われている魚で、鮮やかな銀白色をしています。きれいで高貴なイメージが日光によく合います。

 

イワナ

イワナ 清流にしか住まない魚であり、水が清く、自然豊かな日光を代表する魚です。日光の地名が付いた「ニッコウイワナ」と呼ばれる種もいます。