ホーム > 防災・安全 > 国民保護 > 弾道ミサイル落下時の行動について

ここから本文です。

更新日:2018年4月20日

弾道ミサイル落下時の行動について

北朝鮮による弾道ミサイル発射が実施された場合、一人一人に命を守るための判断が迫られます。

有事の際の行動について、事前に確認しておきましょう。

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

弾道ミサイルは発射から極めて短時間で着弾します。このため、ミサイルが関東、東北、中部地方に落下、または通過する可能性がある場合に、Jアラートを活用して、屋外スピーカーなどで特別なサイレン音と共にメッセージを流す他、緊急速報メールなどにより緊急情報をお知らせします。

ミサイル落下の可能性がある場合の行動

ミサイル着弾時の爆風や破片などによる被害を避けることが重要です。

屋外にいる場合

  • 避難施設に指定されているかは問わず、近くの建物や地下に避難する。
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

屋内にいる場合

  • 爆風で壊れた窓ガラスなどで被害を受けないよう窓から離れる。できれば窓の無い部屋へ移動する。

自動車内にいる場合

  • ガソリンなどに引火する恐れがあるため車を止めて、建物や地下に避難する。近くに適当な建物がない場合は、車から離れて地面に伏せ、頭部を守る。
  • 高速道路など、車から出ると危険な場合は、車を路肩などの安全な場所に止め、車内で姿勢を低くして、行政などからの指示があるまで待機する。

ミサイルが着弾した場合の行動

弾頭の種類(通常、生物、化学、核など)に応じて被害の様相や対応が大きく異なります。テレビやラジオ、日光市防災メールなどを通じて情報収集に努め、落ち着いて行動してください。

近くに着弾した場合は、次のように行動してください。

屋外にいる場合

  • 口と鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内の部屋または風上に避難する。

屋内にいる場合

  • 換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。

内閣官房からの情報提供

消防庁からの情報提供

詳細については以下のリンクからご確認ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:行政経営部総務課防災対策室

電話番号:0288-21-5166

ファクス番号:0288-21-5137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?