ホーム > 市政情報 > 各種計画 > 個別計画 > 水道事業経営健全化計画

ここから本文です。

更新日:2018年12月25日

水道事業経営健全化計画

水道事業経営健全化計画

水道事業を取り巻く環境は、少子高齢化に伴う人口の減少や節水型社会への構造転換により、水需要は減少傾向となっています。また、施設・設備についても老朽化が進行し、施設の更新は重要な課題となっています。このような状況に対応するために、水道事業経営健全化計画(計画期間:平成20年度から平成23年度)、第2期水道事業経営健全化計画(計画期間:平成24年度から平成27年度)を策定しました。

これまでの取り組みにより、市内全域の水道料金の統一、未収金の圧縮、組織の統廃合、企業債残高の圧縮など、一定の効果を上げてきました。しかしながら、給水収益の減少傾向は続き、料金の未収残高は減少傾向にあるものの、依然多額の状況です。また、老朽化した施設の更新や修繕などへの多額の費用が見込まれ、事業経営は厳しさを増すことが予想されることから、一層の効率化と経営改善を図る必要があります。そこで、水道ビジョン等に定める水道事業の将来像の実現を目指し、経営基盤の強化を図るため、第3期水道事業経営健全化計画を策定しました。

この計画は、日光市の行政改革の実施計画である第2次行政改革プランの個別計画として位置づけられ、計画期間を平成28年度から平成32年度までの5年間としています。

水道事業経営健全化計画の進捗状況をお知らせします

水道事業財政健全化計画の着実な実行を図るため、毎年度、取り組みの進み具合を調査し、公表することとしています。

第3期

第2期

第1期

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:上下水道部水道課水道総務係

電話番号:0288-21-4532

ファクス番号:0288-21-4531

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?