ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者福祉 > 高齢者安心ダイヤル

ここから本文です。

更新日:2021年4月15日

高齢者安心ダイヤル

こんな悩みはありませんか?

高齢者の皆さんが住み慣れた地域で安心して生活できるよう、高齢者ご本人やそのご家族を対象に、保健・相談・医療・福祉などに関する電話相談を受け付けています。

 

親の介護が必要になった。介護保険の手続きはどうしたらいいの。

周りの人から「いつも同じことを聞く」と言われることが増えてきた。

家族の介護に疲れた。

運動する回数が減って、足腰が弱くなってきた。

家の中のわずかな段差につまづくようになった。

徘徊がはじまったようだけれど、いつも見守りができない。

外出の機会が減って閉じこもり気味になってきた。

 

このほか、保健・医療・福祉に関する日々の悩みや心配ごとなど、ひとりで悩まずご相談ください。

お気軽にお電話ください。(「匿名」でいつでも相談できます。)

0120-277-226(相談専用フリーダイヤル)

看護師やケアマネジャーなどの専門の資格を持った相談員が対応します。

(注釈)この電話は民間のコールセンターに委託しています。

 

こんな悩みはありませんか?(チラシ)(PDF:408KB)(別ウインドウで開きます)

平日8時30分から17時15分までは、各担当地区の地域包括支援センターへご相談ください。

 

地域包括支援センター一覧(くわしくはリンク先をご覧ください。)

地域包括支援センターをご利用ください(チラシ)(PDF:159KB)(別ウインドウで開きます)

 

 

救急電話相談窓口

くわしくは栃木県ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)をご覧ください。

 

急な病気やけがで心配なときの医療機関の受診や救急医療を受診するか迷ったときに、電話相談できる窓口があります。経験豊富な看護師が、家庭での対処方法や救急医療受診の目安について、アドバイスします。

 

とちぎ救急医療電話相談(大人:概ね15歳以上の方が対象)

短縮ダイアル♯7111又は電話番号028-623-3344

相談時間

月曜日から金曜日18時から22時

土曜日・日曜日・祝日18時から22時

ご利用上の注意:この電話相談は診療行為、医療行為を行うものではなく、電話でのアドバイスにより相談者の判断の参考としていただくものです。緊急(突然の激しい頭痛、急な息切れ、呼吸困難など)、重症の場合は、迷わず119番をご利用ください。

 

発熱患者等発生時における栃木県の相談体制

くわしくは栃木県ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開きます)をご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:健康福祉部高齢福祉課地域包括支援センター

電話番号:0288-21-2137

ファクス番号:0288-21-5533

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?