ホーム > くらし・手続き > 生活環境 > クマの出没に注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:2022年5月17日

クマの出没に注意しましょう!

クマの活動が活発になる4月から11月頃にかけて、人家周辺などへの出没が多くなる時期となります。日光市はほぼ全域がクマの生息地です。その存在は豊かな自然が存在する証でもあり、人間とクマが適度な距離を保ち、共存できるよう心がけていただきたいことがあります。

クマと出会わないために心がけること

クマのエサとなる可能性があるものを放置しない

  1. 家庭ごみ、ペットや家畜等のエサ
  2. 農地における廃棄作物
  3. 柿や栗などの放任果実

これらはすべて、クマにとって魅力的な食糧となり、クマを誘因してしまう原因となりますので、適正に管理することが大切です。

早朝や夜間の行動は極力避ける

これらの時間帯は、クマが食糧を求めて活発に動く時間帯であり特に注意が必要です。

クマに人間の存在を知らせる

クマの生息域である山林やその付近に立ち入る際は、クマ鈴やラジオなど音が出せるものを携行し、人間の存在を知らせることでクマの方から逃げていきます。

もしもクマに出会ってしまったら・・・

クマに背を向けず、ゆっくりと後退して距離とる

クマは走って逃げるものを追いかける習性があるため、決して走らず、クマを見ながらゆっくりと後退するようして距離をとるようにしましょう。

大声を出したり、物を投げつけたりしない

これらの行為は、クマを興奮させかえって危険です。クマを刺激しないよう静かにその場から離れるようにしましょう。

子グマであっても決して近づかない

付近に親グマがいる可能性が非常に高く、子グマを守ろうと襲ってくることがあります。可愛いからと興味本位で近づいたりしないようにしましょう。

万が一クマが襲ってきたら

地面にうずくまり、首の後ろに手を組むなどして、致命傷となる頭部への打撃等を防ぎ、クマが去るのを待ちましょう。

市内における市街地等での出没状況

今市・日光・藤原・足尾及び栗山地域における直近の市街地等での出没状況を配信しています。詳しくはこちらのファイルをご確認下さい。

出没状況一覧(別ウィンドウで開きます)

  • 今市地域(令和4年度掲載情報無し)
  • 日光地域(令和4年度掲載情報無し)
  • 藤原地域(令和4年度掲載情報無し)
  • 足尾地域(令和4年度掲載情報無し)
  • 栗山地域(令和4年度掲載情報無し)

その他

注意喚起のチラシはこちら(自治会や会社・学校などでの周知等にお役立てください)

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:観光経済部農林課林政係

電話番号:0288-21-5104

所属:地域振興部日光行政センター産業建設係

電話番号:0288-54-1114

所属:地域振興部藤原行政センター産業建設係

電話番号:0288-76-4107

所属:地域振興部足尾行政センター産業建設係

電話番号:0288-93-3117

所属:地域振興部栗山行政センター産業建設係

電話番号:0288-97-1133

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?