ホーム > 防災・安全 > 消防・救急 > 飲食店の消火器設置義務の強化

ここから本文です。

更新日:2019年7月3日

飲食店の消火器設置義務の強化

改正の背景

平成28年12月に発生した新潟県糸魚川市の大規模火災を受けて、消防法においてこれまで消火器の設置義務がなかった、延べ面積150平方メートル未満の飲食店でも、消火器の設置が義務付けられます。(施行日2019年10月1日)

syoukaki2

改正内容

調理を目的としたコンロなどの火気使用設備・器具を設置する飲食店にあっては、消火器の設置・点検が必要となります。

消火器の設置義務が免除となる場合

調理油過熱防止装置(鍋等の過度な温度上昇を検知して自動的にガスの供給を停止し火を消す装置)

自動消火装置(温度上昇を感知し消火薬剤で自動消火するもの)

その他、危険な状態の発生防止及び発生時における被害を軽減する安全機能を有する装置(例:圧力感知安全装置)

上記の装置があれば免除となります。

消火器の点検及び結果報告

消防法改正により、設置した消火器は法令に基づき6ヶ月ごとに点検し、1年に1回消防署へ点検結果報告することが必要になります。

ダウンロード(ワード:110KB)(別ウィンドウで開きます)

参考資料

消火器

ダウンロード(PDF:963KB)(別ウィンドウで開きます)

消火器の点検について

消火器点検

ダウンロード(PDF:3,078KB)(別ウィンドウで開きます)

点検要領の他に、点検票記入要領も記載されています。

 

設置場所、その他ご不明な点は最寄りの消防署へお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属:消防本部予防課予防係

電話番号:0288-21-0368

ファクス番号:0288-30-2986

日光消防署予防係電話番号
0288-54-0050

藤原消防署予防係電話番号
0288-76-1444

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?